九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   2 comments   0 trackback

7/13(金)

 お疲れ様です。はたと今日のブログを書くと立候補してしまったことを思い出し、もそもそとベッドからはいだしてきてこんな時間帯(am.4:00)から更新中です。吉永とカラオケに行って以来BOOWYにはまってしまった木村です。決して変態ではありません。


 今日は新しい仲間がやってきました。彼の名前は、ながいこうすけくん。僕の母校、兵庫県立長田高校の出身です。彼、とても多彩なんです。漫画やイラストをかくのがとても上手で、今月も漫画で賞金3万円をGETしたそうな。国家資格ももっているスーパーマンなので、ぜひぜひ絡んでみましょう^^


 さて練習のほう振り返っていきたいと思います。



 1年生はだいぶ基礎ができてきていますね。古賀のロイターの踏込は最初からすごかったような気もするけど、おもだの平行棒のスイングも見違えてきている!
 2年生はだいぶ得意種目といえるものが出てきているようで、練習に対するモチベーションも浮き沈みが激しくなってきているのではないでしょうか。

 先ほどツイッターの方でどやじまさんが呟いていましたが、課題を明確にして練習に臨むことの重要性を、特に力をつけつつある2年生に再確認していただきたいと思います。1年生はまだ何もできないからとにかく技を身に着けるしかないのですが、技数の増えてきた人は同質の練習ばかりをやっていても効果的に成長していくことはできません。かくいう僕自身が一番意識しなければいけないことなのですが・・・
 木屋から吊輪の技次何やろうか?ということを聞かれました。向上心をもって次々技を習得しようとしていく姿勢はとても見習わなければならないなと反省している僕なんですけど、七大戦がいよいよ近づいてきております。本番、試合筋をつかってワンチャンで!なんてリスキーなことをしないで済むように、技の完成度を挙げていくことを優先しなければならない「吉永」はたくさんいるのではないでしょうか!

 試技会の暫定が今日配布されました。再確認ですが、僕たちが目指すお手本はかおる先輩のような難しい技をたくさんくみこんだ通しではなくて、飽く迄秦先輩のような基礎的な技でまとめられた、かつ流れにまったく無駄のないシンプルな通しです。(それが難しいのだけれど・・・)
 難度は低くとも内規減点をなくし、グループ要求を満たし、Eスコアを高めていくことが6種合計60超えを達成する最短ルートです。減点のない蹴上がりができても3分減点されていては本末転倒!(ぎくりと思った人も多いはず。)結論としては、とりあえず七大戦が終わるまでは、内規減点がなくなった種目を主軸に、完成度の向上を課題にして練習することが肝要だということでした。

 七大戦の団体メンバーがある程度かたまりつつありますが、上位層は床、吊輪、跳馬での差はほとんどありません。鞍馬、鉄棒はともかく(6位以内のメンバーでもまだまだ完成していないので)、平行棒を制したものが団体メンバーにぐっと近づくはずです。(事実、団体圏内にいるメンバーとそうでない人で5点ほどの開きが平行棒のみで発生しています。)明らかに力量の差があれば直前で入れ替わることも無きにしも非ず!「仲間」だけど「ライバル」なので、みんなで競争心をもって切磋琢磨していきましょう!





 遅くなりましたが、改めまして誕生日を祝っていただいてありがとうございました。
 
 次回のブログは・・・カップルとぶりっこな女を世界で1番憎悪する戸野本くんにお願いしたいと思います(笑)


 

 以上木村でした。





 

 
 


スポンサーサイト

Comment

かおる says... ""
個人的には全種目で旧高校ルールの6B4Aを目指してほしい。
2012.07.14 10:39 | URL | #- [edit]
秦 says... ""
俺はアップでどれだけ基礎をこなすかが大事やと思う。平行棒でスイング倒立連続10回、鞍馬の旋回は横、馬端、縦を10周づつを必ずやる。金曜日なら、低リングで十字、パイプで車輪逆車の練習。最初は、アップの時間内にできんかもしれんけど、毎回やりよけば必ずできるようになる。「毎回やる」ってことが大事。

あとは、練習中アドバイスを頼む、逆にアドバイスする、できる人(薫)の動きをよく見るように心がけると、その技のコツとか他人・自分の欠点が見えてきて上達も早くなる。とにかく、その技の動きをとことん考える。動きを見るときは、全体というよりも身体の一部(特に、視線、肩、腰、足先)がどのタイミングでどういう状態・位置にあるのかということに注目するとわかりやすい。

薫は難しい技だけしてるわけじゃないし、難しい技だって基本技の応用だからしっかり分析すれば、いろんなコツを盗めるはず。
2012.07.14 13:02 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/78-21edb42b