九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   1 comments   0 trackback

4月6日(木)

失礼します。こんばんは、岡本です。

4月7日今日この日は入学式の日でした。新入生のみなさんを見ていると一年前の入学式の日のことを思い出したふりをしてとてもワクワクしそうになります。新生活に不安を抱いたり、新しいことが待っているんだとワクワクしたりした気もしないこともなく、あまり一年前は覚えていません。
ビラ配りお疲れさまでした。雨でなかなか上手くいかなかったこともあったかと思いますが、新入部員がたくさん来ることをとても期待しています!

4月6日の練習について書きます
この日は初めて、佐賀で試技会をしました。佐賀の良い環境で試技会をすることはいいことがたくさんありました。これからもどんどんやっていきたいです!
僕は試技会や試合といった通しを見せるような時には緊張して体が上手く動かないタイプです。視界がいつもと違うく映ります。帰り道、けーしんさんと話していると、試合時は試合筋なるものが働き上手くいく人と緊張でガクガクになって上手くいかない人に分かれるという話を何気なくしていたのですが、帰り着いて気になったので考えてみて自分なりに答えを出しました。試合の時にパフォーマンスが上昇する人は、自分の演技に自信を持つことができている人だと思います。一方で緊張で上手くいかない人は自分の演技にまだ不安なところがある人だと思います。実際に僕も試技会前は「なになにの技通るかな」といった不安要素の方が強かったです。通るかなではなく、「通すんだ、全然大丈夫」という考えに変えるべきだと思います。そのためには、練習の時から「この技は大丈夫だ」の段階まで持っていく必要があると思います。しかし、この技は大丈夫だからしばらく練習はいいや、新技の練習だけしようというような事は違う気がします。新技の練習の過程で通しみたいにできる技でも毎日やるべきと思います。

言いたいことがたくさんあって文章がバラバラですけど、まとめると、試合で自信を持って演技出来るような練習をしよう!ということでした。

4月8日はグラウンドガイダンスです。円馬の練習をしましょう。

次のブログはりょうめそぽたみあにお願いしたいところです。
スポンサーサイト

Comment

むさい says... ""
試技会お疲れ様!自信を持って試合に臨もうと思うならもう少し通しをした方が良いと思います。練習単発でする技と通しのなかで行う技は違います。特に一年生はミスをしたらその後の切り替えが苦手な人が多い気がします。通し練習ならいくらでもミスしていいんだからミスをするっていう経験も積んでおくためにも通し自体は完璧じゃなくていいからバンバンやっちゃってください。
2016.04.10 11:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/644-a2dfc8d5