九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   1 comments   0 trackback

あたいの体操部

4年の新島です。新幹部の頼もしい意気込みの中、割り込みしてくる4年達ですみません。
バトンが回ってきたので私も体操部での思い出と近況を語らせていただきますへ(^Θ^へ)へ

私が体操部に入部したのは2年になってからです。理由は1年次に5キロ増量したから(本当にそんな理由で入った自分があさましい)。私は高校時代に新体操部に所属しており、青春の3年間はすべて部活に注ぎこみました。(弱小でしたが県代表としてインターハイに行ったり、自身も九州大会に出場したりしてました。)それが、大学に入ってパタッと運動をしなくなりブクブクと・・・( ;∀;) ひなこちゃんに誘われる形で教室ガイダンスに行ったのがこの部との関わりの始まりです。
体もすっかりなまって、初めは「本当に新体操してたの?(笑)」と言われるほど体はガチガチ。新体操と体操、名前は似ているけど全然違う競技で筋肉痛に悲鳴を上げる日々・・・それでも筋肉はほかの部員に比べると少なすぎるぐらいつきませんでしたが。
あまりに自分の青春時代(高校)を新体操漬けにしすぎたため大学では部活以外のことをたくさんやりたい、という思いがあり、そのことから部活に対する熱意も低かったことは否めません。それでも先輩方は何度も練習に付き合ってくれるし、後輩ちゃんたちは慕ってくれるし(たぶん)楽しく部活をすることができました。個人の上達度は芳しくなかったものの、入部してよかったと思えるのは部員のみなさんとの楽しい思い出があるからです。
本当にありがとうございました・・・と言いたいところですがまだみなさんに直接伝えるチャンスがありますので日を改めて。はい、5年生になります。私のことがよくわからない1年生もいると思いますが、来年お会いしましょう。今後ともみなさまよろしくお願いします(*'▽')!


さて近況ですが、ご存知の通り交換留学でイギリスのリーズという町に滞在しています。刺激的な授業が多く、英語で芥川龍之介を読んだり、心中についてディスカッションをしたり、ビールを作ったりとなかなかおもしろい生活をしています。※自身の専攻とは全く関係ないです、日本で私に会いたければ大橋で会えます
イギリスの授業スタイル、生活、そしてイギリス人の気質自体は日本とかけ離れているわけではなく、南欧やほかのアジアから来た子と比べてカルチャーショックもあまりありませんでした。食事はまずくないです、おいしさに感動することもありませんが。体操部には入部していないものの学校内のジムでやっているヨガクラスに通ったり、往復1時間半の登下校(徒歩)で増量の心配はなさそうです。
せっかくの記録にとブログもやっているのでイギリスの生活に興味のある人はのぞいてみてください。
https://2525pandaman.amebaownd.com/


留学前は英語ノイローゼで全く部活に顔をだしていませんでしたが、まだまだ、だんちと仲良くなる必要があるので帰国後はちょいちょい顔を出せたらいいなと思っています。
幹部交代で忙しくなった2年生、たくさん人数がいるのでお互い助け合ってこの代を作り上げてください。3年生はお疲れさまでした。
4年生は、一緒に卒業できないけどそのうち絶対集まろうね!!全員揃う日はいつなのかと考えると気が遠くなります。
最後に、留学前にみんながくれた扇子とぼのぼのキャンディーはこちらに連れてきました。心の支えとなっています。色紙はスーツケースのなかで折れるのが怖かったので実家に置いてきましたが写真を撮ってときどきコッソリ見ています。宝物です。

追伸 つぼ子と2人でクリスマスディズニー行ってきます。カップルというか女子旅の予感です。

Comment

きち says... ""
女子デートうらやましいですね(^▽^)帰国したら一緒にだんちにぶらさがりましょう。
2015.12.11 13:59 | URL | #SFo5/nok [edit]

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/588-1d81acf0