九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   4 comments   0 trackback

11月4日

こんばんは、更新遅くなりすみません…
あれっ叶は書かなくていいの?ってなった中路です。まぁ今度でいっか(笑)

ひょっとすると最後のブログになるかもなので書きたいこといっぱい書きたいと思います。

バク転できるし円馬も回れるし体操めっちゃ余裕やろって入部してからはや2年と半年…
いきなりケガして夏にほぼ練習できなかったり、
補強と失敗のトラウマでめっちゃやる気うせたり、
急に団体に選ばれるチャンスがでてきて初めて真面目に体操と向き合ったり、
主将になったと同時に勉強しんどくなって自分の時間が減って一気に伸び悩んだり、
説教して西垣内泣かしたり、
七大戦で思いっきり負けたかと思えば、新人戦では60点採って2位だったり、
振り返ってみるとホント山あり谷ありな濃い二年と半年だったけど終わってしまえば本当にあっという間だったな~って感じです。
ただもし大学で体操を始めなかったら、途中でやめていたらきっとニート大学生して単調な生活しか送れなかっただろうから、そういう意味では体操というスポーツと体操部の方々には本当に感謝しています。

さて、また自分の話になってしまいますが主将としての反省を最後なんで正直に書きます。
まず一年間を振り返って主将としてはうまくいかなかったことの方が、うまくいった方よりもはるかに多かった気がします。
男子の補強が全然うまくいかなかったり、サボってるのを見てあんまり怒れなかったり、部員と練習以外のところで遊ぶ場や話す場を設けることができなかったり、途中自分と後輩との熱の差を感じた時にも強く言えなかったり…ほんと言い出したらきりないレベルでたくさんあります。でもやっぱり一番後悔をしていることは七大戦の数ヵ月前くらいから後輩の練習を見ていて喝を入れないといけないところを、自分のことにいっぱいいっぱいになり過ぎたせいで放っておいて自分のことだけに集中してしまったことです。今考えると主将として失格だなーと思うし、こういう風に自分が思ってしまった時点で七大戦で勝つことを自分から捨ててしまったのかなと思っています。
というのは自分が主将になったときの目標が、阪大のように初心者でも60点をとれるような人が何人もいて、団体のメンバーが選考会をする最後の最後まで分からないような層の厚いチームを作りたいというものでした。
しかしいざ運営を始めると部活の練習の雰囲気ややり方で思うことは山ほどあるのに、なかなかそれをみんなに言い出せず、
ため込んでしまい、最後には目標をあきらめて自分のことに専念しようという主将としてしてはいけない決断をしてしまいました。
そして七大戦での結果は6位。アクシデントはあったものの一番の敗因は技術面というよりかはやはり他大との層の厚さの差だと感じました。やはり同期の学年で点数がハイレベルな段階で団子状態になっている他大に比べると、同期の代の中でも点数に結構開きがあって、苦手種目が顕著に点数に出てしまう九大はやはりどこか練習の段階で差ができていたように思います。
正直この文章を1,2年生に読ませるのは本当に申し訳ないとは思ってますが、これは自分が後輩に文句を言いたいために書いてるんじゃなく、どういう形であれ今の1,2年生には体操のことで自分のように次に繋がらない後悔をして欲しくないと思ったのであえて書きました。
って言いたいこと伝わったかな…?(笑)

では最後にこれからの体操部について…
実は引退する前にすごく嬉しいことがあって、それはさっきまで散々な感じで書いてしまったけど、だんだん自分の理想としているような気持ちで体操に取り組んでる人が後輩に増えてきたということです。さっき自分指導サボったって言ったので自分の手柄とは思ってません(笑) やっぱり一番の要因は今の二年生が幹部学年になることを新人戦前に自覚して練習に取り組むようになったからじゃないかな…一年生も積極的に佐賀練に行ったりしてその二年生についていくような感じだし今の練習の雰囲気は確実に自分が主将をやってた時よりも良く感じます。正直ちょっとこれからの体操部の練習にはいろいろ不安があったけど、それもなくなり安心した気持ちです。これから補強やオフシーズンでなかなかモチベーションが上がらないとは思うけどそういう時こそ自分の最終目標を思い出して練習に励んでいって下さい。もし最終目標を立てれてない人がいれば今すぐ立ててそこから逆算していって身近な目標を立てて下さい。さっきも書いたけど引退なんてほんとあっという間で、終わってから後悔したってどうしようもないです。なのでこれから一回の練習、その中での1ローテ、その中の1回の技練の時間でさえも大切に思って使ってほしいと思います。
そうすればきっといつかいい結果として出るはずです!体操はまぐれやたまたまが無い分逆に努力がそのまま結果に表れるスポーツなので。

あと今の代がどういうことを目標にしてるかは分かりませんが、七大戦は最低でも5位以内に入って今年の九大の団体をこえて欲しいです。今の現役の代のポテンシャルなら絶対にできるはずです!!自分は訳あって出れませんがこれからはOBとして全力でサポートに徹するつもりだし必ず応援にも行きます!
あと個人的には自分の点数も超えて欲しいです。(超えられたくない気持ちも半分…)ではこれから頑張ってください。

読み直しても全く感動できなかったので追いコンの時にリベンジします。(多分)
ではこれからは新幹部に一人ずつ挨拶と意気込みを書いてもらいましょう。じゃあ新キャプテンの圭伸お願いしますm(__)m
スポンサーサイト

Comment

鞍馬の神様より says... ""
フロップできるしカサマツ回れるし体操部めっちゃ余裕やろって入部してからはや6年。
入部初日に薫大先輩の3回ひねりが眼前に広がり、身の程と実力の序列を思い知ったOBの方の中村です。

層ね。
層の厚い状態だと強いよね。昔のことになって申し訳ないけど、薫先輩が主将の時の七大戦は層が厚くて試合会場まで団体メンバーが分からなかったこともあったよ~。
団体全員ほとんど11点以下の点数を出さずに安定してたおかげで強かったよ。
失礼。
20年近い経験者でありながら吊り輪で最下位クラスの「5.6」を叩き出した人が一人いましたっけね笑
かんた君助かったよ~
薫先輩はそれを予想してかんたを団体に入れたらしく、見事な采配でした。

なにはともあれ、主将1年間お疲れさま。
未経験からの主将だったから人一倍苦労が多かったことだろうと思います。
これからはOBとして練習すると思うけど、実用性のない技の練習ができたりで結構面白いよ。
現役は引退になったけど、これからは「OB1年生」として楽しく練習してってね。

また一緒に鞍馬しようぜ。
2015.11.06 04:00 | URL | #- [edit]
中路 says... ""
返信遅くなり申し訳ありません…
鞍馬の神様お久しぶりです。

自分が主将になってから2011年度の七大戦の団体の点数を部室に貼って目標にしていたのですが、最後まで手が届くことはできませんでした。
ただこれからの代できっとまた後輩がいい成績がとってくれることと信じています。


ありがとうございます。今は肩の荷が下りてホッとしています。
今あん馬ではBシュテとBバックを習得すべく日々練習しています。
ゆうたろうさん、もしお時間があればコツ等を教えてください!!
また一緒に練習しましょう。
2015.11.07 14:36 | URL | #- [edit]
こが says... ""
1年間お疲れ様。
気になってたところは反省に全部書かれちゃったな笑

ただ点数に貪欲に結果を出すってことは一つ後輩たちのお手本になれたじゃないかな?
1年間頑張ったね。

あとはより体操について考えてて無駄な技とかにもチャレンジして体操を楽しんでくれ!
2015.11.07 21:57 | URL | #- [edit]
中路 says... ""
古賀先輩コメントありがとうございます。

そして一年間多くのアドバイスをありがとうございました。

これからは老害として体操部を応援していきます!!
2015.11.09 00:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/572-21795e02