九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

七大を振り返って おもだ

どうも、華やかな香りの広がる魅惑の楽園「ウエストゾーン」の民となってしまったおもだです。
新理学部棟は、夜に建物に入れなかったり、部屋が前より狭くなったり、ネットがつながらなかったり、稼働しているエレベーターの数が少なかったりと、いろいろめちゃくちゃ不便な点はありますが、トイレはきれい(重要)だし、IHと自販機が備え付けられたリフレッシュルームが各階にあるので、わりと快適な生活が送れるじゃないかなーと思ってます。
噂によるとシャワールームも棟内のどこかにあるらしく、洗濯機さえなんとかできれば理学部棟内に住めそうです。
一つ問題なのが、タイ原産の短足クロイノシシ(好物:ギャンブル、風俗)が建物内をうろついているらしいので、エンカウントしないように気を付けたいと思います。


さて、雑談はさておき、最後の七大がおわってしまったので、遅くなりましたがタイトルにあるようにその振り返りでもしようかなと思います。
まず僕個人の試合の結果ですが、跳馬の突きで手が滑ったり、平行棒の伸肘で器具上落下したり、鉄棒の降りで尻着したり、床の前方一回ひねりが取られなかったりと、ミスが多かったのですが、何とか「50点を越える」という目標は達成することができました。(七大学の4年生の中で最下位だったのは内緒)
去年の新人戦の点数が36点だったことを考えると、七大の採点が甘かったことを差し引いても、まあまあ点数はのびたのかなあと思います。
鉄棒が7技そろわなかったことが心残りですが、それ以外は個人的に満足のいく構成をすることができ、引退試合としてはわりとよかったんじゃないかな~と勝手に思ってます。
大会後の胴上げは最高でした。
皆さんありがとうございました。


体操部に4年間所属して、体操は上手くはなりませんでしたが、少しは周りに気を配れるようになったり、考える力がついたりと、人間としてはまあまあ成長することができたんじゃねえかなあと感じてます。
生意気ながらも可愛い後輩や、気の合う先輩、同期と一緒に部活ができて本当によかったです。
これからは、研究に心臓を捧げる生活となってしまうため、あまり部活に顔を出すことはできないし、皆さんと会う機会もほとんどなくなると思いますが、たまに学校等で会ったときは声をかけてくれると嬉しいっす。

sbtパイセン、こんな感じでいいっすかね汗

お次はわだけんに書いてもらおうと思います。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/561-f24180c6