九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

7月8日(水)

おはよう!こんにちは!こんばんは!
以上!今日床のフローリングに盛大に頭打ち付けてブログの書き方を忘れてしまったミッチーでした!






冗談はさておき今日は試技会でした。全体として相当な怪我をかました人が多く、特に2年生は慣れてきた頃が一番危ないと言いますし、体操を一年やってきて基礎練習から技練習へと移行してしまう時期でもありますから、今一度技を行う際は大丈夫だろうと思っていても他人に確認を求める姿勢を持ってみてください。傍から見ると案外危険な動作が混ざっていることも多い競技だとおもいますから。
また、初心者の人にありがちなことですが、試合直前の練習で張り切りすぎる人が多いです。もちろん、試合に向けて頑張るのは良いことですが、グループを無理やり取りに行ったり、未完成の技で7技取りに行こうとするあまり自己の能力を超えてしまい怪我に繋がることになります。体操競技は熟練された技で演技をすることを前提とした競技ですから、根本を見失わないようにしましょう。(いの一番に事故った自らへの戒め)
ちなみに僕は首回りが痛いだけで死にそうにはないのでご安心ください!(お見舞い品が要らないとは言ってない)

現在今日の動画を見ながらブログを書いてますので僕の班について振り返っていきます。

アップのことは開始早々に頭打って一時間ほど寝ていたので分かりません。上述したように必死で技練をしていた様子が目に浮かびますが全力を出すべきは本番であってアップは確認程度にしましょう。そのためにも安定した技による構成を心掛けてください。つまり、普段から試合を意識して技を計画的に準備してください。また、試合会場などで上手な選手のアップなど参考にしてみてください。試合前のアップなんて誰も教えてくれませんから意外と学ぶことも多いとおもいますし、案外のんびりしていると思いますよ。まあ、個人的には少し無理したチャレンジな構成が好きではありますが、多くても2種目ぐらいにしましょう。こんなんだから頻繁に怪我をするんですかねぇ。

試技会自体は進行もスムーズで活気と殺気のある良い競技会ではなかったでしょうか?一年生もあたふたしながらではありましたが、体操の試合の雰囲気は何となく分かったんではないでしょうか。各々課題を見つけていた人も多いようでしたし、僕自身も怪我をしないことと平行棒の前振りと”””鉄棒”””頑張ろう!という感じでした。早くボローニンらしくこなせるようにと降りを安定していけるように改善点を1つ1つ潰していきます。

最後にピンコハーフを練習してみました。足を出す角度がいまいち掴めないですが、全く無理な技でもなさそうなのでちょくちょく練習してこうかなと思います。減点要素も少なそうなのでやってみたいという人は一緒に練習しましょう。

今日は普段やらない競技会形式の練習だったので長々と書いてしまいましたが、本番では実力の半分しか出せないものですから普段から計画的に見通しを持って練習していくことと、試合上手な人の真似してみようというお話でした。

次回は金曜日に車の免許を取りに行くけーしんに合格報告も兼ねてお願いします!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/524-cb9baab9