九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

6月1日(月)

先週末西インカレに行ってきました、柴田です。自分が今できる構成に全て挑戦することができたのは収穫でしたが、その結果、採られない技や低い実施の技が多くなってしまい、見直していくべきところがたくさん見つかった大会でした。その日の夜の反省会と(讃井家の皆さまお世話になりました。ありがとうございました。)次の日の全日本の常連組の試合を観察したおかげでモチベーションも上がりました。朝早くから応援に来てくださった方々、ありがとうございました。不甲斐ない結果ですみません。試合の時に一緒に回ってくれた洋介、2日間記録として仕事をしてくれた大悟、ともに演技をした圭伸と武蔵はお疲れ様。そして圭伸は全カレ出場決定おめでとう!新潟で自分らしい体操をしてこいよ!ということで話を今日の練習に移します。

アップ:これまで前宙では開きをあまり意識してなかったので、開きを意識しながらロイターで抱え込みと屈伸をやり、伸身もやりました。抱え込みは割とやりやすいですが、屈伸の時はまず足を上半身に引きつけきれていないので開きのタイミングがバラバラでした。これからは魅せる前宙ができるようにしっかりやっていきます。床基礎では連バクをやりました。もっと加速できるようにします。倒立は止まるのではなく止めることに重点を置いてやっていきます。

鞍馬:手首が痛くてこの時間できることがなかったので柔軟と補強をやりました。背筋が欲しいです。柔軟は床の構成に入れているので減点されないようしっかりやっていきます。

平行棒:ここでは倒立バーを使っての倒立とピンコのつぶしのスイングと後ろ振り倒立のための逆アフリをしました。倒立は止めるポイントが分かってきました。ピンコのつぶしはまだうまくタイミングがとれません。どこでつぶしてどこで開くのかメリハリをつけてやっていきます。逆アフリはこのまま継続していきます。

床:ここでは前宙とホップからのロンダートをやりました。前宙は開きのタイミングと着ピタを狙うことを意識しましたがまだまだでした。ホップからのロンダートは意外とやりにくくて始めはロンダートの軸がずれていたけど最後の方にはそれを修正できたので良かったです。ホップの高さも意外と上げるのが難しかったです。

今日の練習はこんな感じでした。これからも試合の反省をもとにして基礎からもう一度見直して練習して、Eを大事にしていきたいと思います。阪大の選手の得点が高いのはEが高いからでやってる技はあまり僕らと変わりません。ただ減点されないような演技をしているのは見習っていくべきだと思います。

とまあ書いてきたわけですけど途中で一回寝落ちしました。今日提出のレポートもあるので相当焦ってます。この辺で終わります。次回は全カレ出場を決めた圭伸にお願いします!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/507-c565a5ea