九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   3 comments   0 trackback

11月17日

こんばんは
新キャプテンの中路です
この前入部したつもりが気が付けば部長…ということでほんとあっという間すぎてホントに自分で大丈夫なのだろうかと思いますが、任命されたからには本気で一年間頑張ります。

ということで今日は月曜日の練習はさておき、部長として目標等の書きたいと思ったことを書きます。
まず個人的な目標として、まず七大戦総合で60点を越えることが一番大きな目標ですかね。
あと細かいことを言うとどの種目においても技であったり、きれいさであったりの個性ある演技をしたいです。
部長としては口で言うのが苦手なので、練習中であってもそうでなくても行動で示せるような部長になりたいです。


では部としての目標を書きます。(自分の独断で決めているのでご了承ください)
七大を照準として点数的に書くとすれば団体で320点以上とって、勝っても負けても他大と互角の戦いができるチームを作ることだと思います。理由として、今年の七大を見ると九大はけーしんがいるにも関わらず、上位の大学にかなり大差をつけられ6位という結果でした。自分は団体だったんですが正直勝負させてもらえない感があって、自分のベストはまずまず出せたのにこの結果だったので結構トラウマになったし、先輩として、団体として、点数に大きく貢献してくれたけーしんにほんとに申し訳なかったからです。
そしてもうこういう気持ちにはなりたくないし、来年の七大で今の一年生が似たような気持ちになってほしくないです。
経験者の少なさからして結構無謀な点数かもしれませんが、まだ11月だし可能性はきっと0じゃないと思うのでこれからみんな一丸となって頑張りましょう。

話は変わって部活の内容として目標というか、こういった部活にしたいということを書きます。
今の部活の状況と比較して書くとすれば、今以上にメリハリのついた部活にしたいです。
ひらたくいうともっと部活中は部活に集中して、その分オフのときにはっちゃけたほうがいいということなんですが、正直体操部は部活中なのに時々サークルみたいなゆるーい雰囲気になってる時があって、正直自分はそういった時間が嫌いだし、そういった時間がなくなればもっと強くなると思います。なのでこれから現役みんなでもっと部活動としてもっとメリハリのついた濃ゆい時間を作っていきましょう。

あと似たようなことなんですが、今の部活の状況として昨年より人数が多く、器具に入る時間が短くなってしまっているうえ、自分らの代がかなり少ないので、なかなか一年生が練習できず指導される機会が少ないというネックな部分があります。
解決方法にはなってないんですが、逆に言うと近くに競える相手(二年も含め)が身近にたくさんいるという強みが去年よりもあると思うので、ネックな部分はこれから工夫して何とかするとして、大会はインカレまでないですがもっとギラギラした闘争心をもって部活に臨んで欲しいです。
とは言っても今の一年生は技の習得も早いし、補強の時も先輩がいなくてもサボらず一生懸命にしてくれるので部長として本当にありがたいです。 これからもよろしくお願いします。

ホントはもっと書きたいことがあったんですがかなりの文量になってしまったのでもうやめます。
男子のことばかりですみません。
あと文章力なくてすみません。 ちゃんと伝わったかな…(-_-;)

とりあえず次回は女子キャプテンのみさきちお願いします。

Comment

こーへー says... ""
団体で320点だとだいたい1人60点やね
そうなると6種全部7技欲しいところ
けーしんおるし色々聞けるけどその7技に到達できる(できればグルーブ要求もとれる)ような練習計画を頑張って考えて欲しい
阪大とかは非団体メンバーでもかなり実施がいいし、それ目指して通し練やったり細かいとこ口うるさく言う必要もあるかもね〜 他大よりはうちの練習日数少ないし
ただ、技が早く欲しいあまりに焦って怪我することも怖いしその辺は目を配ってあげて
すること多くて戸惑ってるかもしれんけど主将ガンバ
2014.11.20 11:33 | URL | #- [edit]
谷口 says... ""
主将頑張ってな
60点いけると思うで中路
2014.11.20 12:05 | URL | #- [edit]
中路 says... ""
浩平先輩
そうですね
けーしんの+20点で他で一人60点以上と考えています。
阪大は部員の層が厚くて七大では本当にびっくりしました。
なのでこの一年で全員が45~50以上の点が取れるようにしたいです。
自分は知識があまりないのでけーしんや先輩方にいろいろ聞いてこれからの練習方法を決めようと思います。

徹先輩
今までずっと徹先輩の過去の記録を意識しながら練習していたので、必ず先輩を越えて60点とってみせます!!
2014.11.21 11:35 | URL | #- [edit]

Post comment

Only the blog author may view the comment.

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/437-9857e80b