九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   1 comments   0 trackback

4月13日(金)

場所:貝塚 時間19:00~22:00 記述:人間

参加者 OB・OG:田原さん、鶴田先輩、ひろし先輩、薫先輩、秦先輩
    三年生;谷口先輩、翔平先輩、濱本先輩、ゆみ先輩
    二年生;井上、遠藤、大久保、影山、川又、君島、木村、木屋、黒崎、福田、本田、吉永

種目・男子;跳馬、鞍馬、鉄棒または吊り輪
   ・女子;跳馬、平均台

練習について
・アップ・・・今はアップの時間はロイターを使って前方一回ひねりの練習をしている。ロイターがよく跳ねるのでひねりが早くてもひねりきれてしまうが、実際はそうはいかないと思うので跳んだ後しっかり床を見てひねり始めたい。
感想としては、逆蹴りで上体を起こした後床を見に行くことがむずかしい。パイプでは大振り+ほん転orトモエの練習をしていこうかと思う
・跳馬・・・少し期間が空いてしまったため、一回ひねりに入れなかった。今日はひねろうと思って焦ったのがよくなかったと思われる。最初の転回でしっかりどこでひねり始めてどの姿勢を作ろうとするかを確認すべきだった。
・鞍馬・・・移行への安定感が増してく一方、縦旋、降りがよくない。縦旋は腰をのばすことと、肩の倒しが不十分、降りはまだ体重を左手に乗せきれてないことが原因かなと・・・しっかり意識したい、特に腰の伸び
・吊り輪・・・水曜日に突然前回りができるようになったので通しに組み込んで通した。降り以外は案外まとまったのではないだろうか。十字懸垂がその通しの中では調子が良かった。その時の感覚を忘れないようにしたい。降りでは視界を大切にしたい。自分の場合は左肩を見ながら右腕を回すことになるだろう。
・フリー・・・時間がそんなになかったので今日触らなかった鉄棒で大振りの練習をした。普段は両方順手で行ってた大振りを今回はとび越しを意識して片方逆手で取り組んだ・・・難しい、逆手を二回もちかえすこと、なにより両順手の時と違って後ろで肩を上げることができないから、勢い付けが前の押しになってしまう。パイプでも指摘されたが前の押しが弱いのでそこを意識していきたい。
・周り・・・木屋はまずはパイプで回りましょう。そうしないときっといつまでも腹を打って悶絶することになるかと、しっかりあふって胸打ちぐらいにすればよいのでは?

最後に、動くようになった体は同時に壊れやすくもなるので、しっかりケアをしていきましょう

さて次回の部誌は・・・・よしながに書いてもらいましょう
スポンサーサイト

Comment

きや says... ""
アドバイスありがとう。パイプでとっとと回せるようにするわ!とりあえず後転倒立のイメージかな…
2012.04.14 23:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/41-0f5e9eb5