九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   2 comments   0 trackback

11月19日(月)

今回は最近人生初の一人映画に行って来た木屋が担当します。

もう11月も半ばで寒いですね。冬ですね。冬と言えば補強ですね。

今日は月曜日だったので床、鞍馬、平行棒の三種目と補強というメニューでした。では種目ごとに。

床:最近ロン宙を練習しているがようやく少しだが高さが出てきた様な気がする。引き上げのタイミングが分かり始めたのだろうか?あと、補助のやり方で注意を受けたので万全の体制で補助は行えるようにする事を心掛ける。

鞍馬:旋回が2周止まりなのが課題。セアも後ろ足の曲がりが気になる。一年生は足抜きと円馬に積極的に取り組むといいかも。

平行棒:バックカットの足の抜き方がイマイチなのでどうしてもバーに引っかかってしまう。あと全体的に無理矢理感が漂う雑な技ばかりになってしまっているので丁寧に。

補強:名古屋式と壁倒立は基本だがまだ完璧にこなせていない。補強はやり方次第でいくらでも自分を追い込めるので妥協しないようにしたい。(特に押し上げなど)


冒頭でも言いましたが寒いですね。アップの時にジャージを着たり重ね着をしたりしている人もいましたが、そのように自分なりに工夫してコンディションを整えて縮こまらないで器具に入れるようにしましょう。

次回は古屋さんで。
スポンサーサイト

Comment

かおる says... ""
鞍馬は体重移動が全て。体重移動がしっかりできればあとは繰り返し。
旋回がわからなくなったら少し手前に戻る(=円馬での体重移動、目線、入れ方、ヌキetc)
ゆうたろうも以前言ってたけど、円馬でシューズはいたり、重り(1 kgぐらい)をつけたりすると遠心力で遠くに回される感じが掴めるのでオススメ。連続で20周回して1人前と思ってほしい。

平行棒で無理やり感がでるのは、常に力が入っているから(特に肩周り)。押し、ヌキ、アフリ以外は体は締めて(全身をガチガチに固めるのではなく、腹筋、尻、ひざ、つま先を締めて残りの部分は楽に)おくとメリハリがつく。体をしならせるイメージ(弓のように)で、脱力するところ、力を入れるところを区別しておく。
2012.11.20 01:44 | URL | #- [edit]
木屋 says... ""
>薫先輩
アドバイスありがとうございます。鞍馬の旋回はやっぱり円馬が完成してこそのものなんですね。
平行棒では力みすぎな部分を改善してもっと滑らかに演技を出来るようにします。その他の種目でも言えることですが…
2012.11.20 01:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/135-7c52a0fb