九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   3 comments   0 trackback

1月27日(金)

場所:貝塚 時間:19:00~22:00 記入者;君島
参加者 OB.OG 田原さん、庄野さん、田口先輩、鶴田先輩、薫先輩、秦先輩、鹿先輩
    2年生 徹先輩、進藤先輩、翔平先輩、ゆみ先輩
    1年生 井上、大久保、影山、川又、君島、木村、木屋、くろりな、古屋、重本、福田、本田

種目 男子:跳馬・鞍馬・吊り輪・鉄棒
   女子:跳馬・平均台

練習について
・跳馬
 今日もダブルの前段階の練習をした。頂いたアドバイスは、助走時は前傾姿勢、足は振り上げる、助走がそもそも合っていない、というものだった。三つ目のアドバイスは、特に今日すごく実感した。ダブルも基本の転回も同時にしていこうと思う。振り上げの反りこみは今日は助走のせいもあってか、できていなかった。
・吊り輪
 今日は先週を省みて、十字は肘をとにかくのばす。クーゲルで顎は引くということを意識することにした。十字は補助にものすごく頼りながらしてみたが、まだ手首を入れる時に肘が曲がってしまう。秦先輩の手首の入れ方も参考にしてみたが、まだ補助をつけながらでもきれいにしないと次につながらないと感じた。
クーゲルに関しては動画を数回とってもらったがどれも意識が反映されてなかった感が否めない。
顎に関しては真下を見るぐらい意識しないと多分で続けてしまいそうだ。
さらに、できている人の動画をみるとアフりが上にいってたので、そこにも配慮して足を上にアフることもしてみたが、腰が先に回りに来てしまう。腰から下で回す癖は早く抜こう。
・鉄棒
 今日は補助に相当助けてもらいながらの逆車の練習。田口先輩から頭を入れるように言われたのでそこの意識は出来ていたと考えられる。しかし、どうしても1周目の勢いが2周目につなげれない、肩を前に出そうとしているが足が腰より先に出てしまう、というような問題点がやはり解決されていない。腰もだが背中も前に持っていこうと思う。
・鞍馬
 移行がいまだに不安定。馬端に持って行ったときにあまりにもポメル側に体重を乗っけてしまって倒れるか、ポメルを握った時に体重が後ろに流れてしまったことが原因かと思われる。馬端は少し悪い癖が水曜に発覚していたのでそこも直していきたい。縦旋に関しては、今日少しだけ旋回の高低差の利用(書いて説明しにくい)がわかった気がする。しかし前後の体重移動がまだ未熟である。そして手に関するアドバイス(筆記では説明しづらいをいただいた。早く身に付けたい。リアの練習も次から始めていこうと思う。
・その他
 今日のミーティングでも言ったとおり、一年生もっと考えましょう。水曜に先輩は「人数が足りてると思ったらさっさとアップに入りましょう。」とおっしゃってたが、「それは自分がしなければいけないことを今ほかの人がやってる」ということを理解している人の行動です。周りを見ることを癖にしましょう。今日セッティングに遅れてきて少し見ればタンマのセットすらされてないというのが分かるのにアップに速攻で入ってる経験者もいたけど、言語道断です。いつか書いたことだけど大学から体操始めた人も新しく入ってきた後輩からすれば「経験者」です。その自覚をもってこれから練習に取り組んでいきましょう。
スポンサーサイト

Comment

しょうへい says... ""
Yonda!

もっとくずれた感じで書いていいよ^^
2012.01.28 01:42 | URL | #- [edit]
かおる says... ""
とりあえず逆車は今日みたいに補助つけて肩の使い方とかを覚えるように。
跳馬の助走は本気で走れとしか言いようがない。あと最後の1歩がロイターに近すぎな気がする。
十字はかんたにも言ったんやけどリングを開く時に逆ハの字の状態で開かんと肘が曲がりやすい。手首を巻くっていうイメージよりは支点を手首(小指側の側面)に持ってくる感じで(リングと手の接触面積が一番大きくなるし、肩との距離が短くなるけん力が入りやすい)。このやり方で十字したら手のひらが真下やなくて少し前を向くはず。
2012.01.28 02:43 | URL | #- [edit]
たぐち says... ""
クーゲルは一旦やめて、スイングばっかりやるのもありやないかな。
回すことは考えず、肩であふることだけ考えれるし。

逆車はパイプで引き〜吊りあげる感覚をつける。動きはスイングと一緒ね。

内容とか課題が詳しく書いてあって、いい部誌だと思います。
2012.01.28 09:22 | URL | #fxK1Sc6w [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://qugc1980.blog.fc2.com/tb.php/10-f92bf263