九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

11月27日(金)

こんばんは、広報に就任しました大悟です。自分が広報になったのは何故なのか謎は深まるばかりですが任された以上は責任を持ってこの役割を全うしていきたいです。FACEBOOKの件はなんとかします笑 というかコミュ障は基本的に自分からリクエストを送りたがらないんですよね。なので送ってくれたらすごい助かりますm(_ _)m

金曜の練習ですが、水曜に続いて跳馬と鉄棒のチェックがありました。振り返っていきます。

跳馬ですが、自分は膝がどうしても伸びません。恐怖心などはさすがにもうないと思うので、癖になってしまっているようです。ロイターで伸身の宙返りの練習をしてみてはどうかと言われたので、これから試してみて転回くらいはキチンとしたのができるようになりたいです・・・


鉄棒では、相変わらずのビビリを発揮してしまいました。いまだに車輪が怖いとか言っているのでヤバイことは自覚しています。あと宙降りや逆車とかも全然やっていなくて技数がとても少ないです。ちょくちょくチェックがあるとサボっていたらすぐバレるんですね・・・頑張ります


吊り輪は怖くないのでいろいろな技に挑戦しています。最近では前振り上がりや後ろ降り開脚前挙とかをやっています。今はB以上の振動技をいれたから力技をもっと入れれるというわけではないのですが、もしものとき用と純粋に難度をあげるためにも習得しておきたいですね。力技は今年の補強で肉体を作ってから考えます笑


今回の練習はこんな感じでした。
自分のこれからの課題は前からですが怖いことから目を背けないことです。そろそろちゃんと向き合わないと・・・
よくよく考えたらあの人だって自分だって怖いのは変わらないですよね。震える足を踏み出して自分らしさをみんなに見せていけるように変わりたいと思います!!

補強頑張ります!!怖い技やってみます!!

以上が1年の抱負です!!

今回で幹部は終わったと思うので次のブログはあきひさにお願いしますm(_ _)m


P.S. HPの変更案とか募集中です、何でもいいので言ってください!
スポンサーサイト
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

11月25日(水)

この度、平部員から渉外に昇格しました。徳永です。
reasonableな遠征を心がけていきたいです。野宿応相談

では練習を振り返っていきましょう。
今日から、3日間男子はそれぞれの種目の通しチェックと柔軟チェックがあります。
これからは、毎月これらがあるのでオフシーズンのいいモチベーションになりそうです。
柔軟で痛い目を見ないように、日頃から準備を怠らないのが身のためです。今日も、
何人かが犠牲になってましたが、、、

平行棒
通しで蹴上がりミスりました。最近あまりしてなかったので反省です。スイング倒立もダブ
ルスイングが多すぎました。低いままで、倒立の練習をしてたので高い方でもしていかな
いといけないですね。宙降りは前に失敗してから恐怖心があったのですが、だんだん感
覚が戻ってきました。まだ、着地点が見えていないの安定してできるように、また、倒立
からそのままできるようにしたいです。

吊り輪
通しはほぼミスなしでできました。しかし、宙降りでの姿勢を伸身に近づけることや、振動静
止技がないので当面は、振り上り十字、蹴上がり十字の練習をしたいと思います。また、ケ
キという技もしてみたいです。他の人があまりやってない技ってなんかいいですよね。まだ
まだ伸腕には程遠いので、スイング、ディスローから見直していきます。


膝が痛く最近は跳躍系はやってません。代わりに、シンピや移行などほかの種目に役立つ
ことをやってます。新しいアップで、中学規定のこなし(?)があるのですが、みんな結構苦
戦しているので、それがきれいにできるようになることを目指します。後転倒立からの移行
がちょくちょくできるようになりましたが、コツは片手でしっかりはじいて押すことだと思いま
す。また、十字倒立も練習してます。やりたいです。他の人があまりやってない技っ(ry

補強
今日から補強が始まりました。補強た”の”し”い”~
自分に関しては、去年できなかったことができるようになってて成長を感じました。
(力上りやロープのぼり)
僕は、nsgicとペアでしたがとてもきつそうでした。去年の記憶が思い出されました。1年生は
きついとは思いますが、ここで頑張るか頑張らないかで春に伸びるかどうか来ますと思うので
頑張りましょう。僕もがんばります。


次のブログは、広報?のDAIGOよろしく!
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

11月20日(金)

幹部交代で新しく幹事になりました、法学部2回生の竹下です。

至らぬ点もあると思いますが仕事を任された以上、精一杯頑張ります。
また、私事ですがFacebookを始めました。これから行事で出欠を取る際に活用していこうと思います。

では、20日(金)の練習を振り返ります。

自分は先月から肩を、一昨日から踵を痛めており、最近思うように練習できていません。吊り輪や鉄棒で皆が新技に挑戦している姿を見るとウズウズします。
痛めた肩をほぐす方法として、圭伸に肩甲骨のマッサージを教えてもらいました。これからマッサージとインナーマッスルのトレーニングに取り組み、早く肩を治したいです。
練習の終盤には皓平先輩にもマッサージしていただきました。
ありがとうございましたm(_ _)m今度モミモミさせてください(^^)

吊り輪ではとっくんのスイング、クーゲルが高く、いい感じです。
振動倒立グループ獲得に向けて皆で切磋琢磨していきたいですね。
また大悟の十字、武蔵の振り十も日に日に完成度が高くなっています。

鞍馬では佑真の旋回が止まらないです。誰か止めてあげてください。
器具に入るのが5ヶ月振りの佑太郎先輩は旋回で美しい円を描いていました。
あと最近鞍馬を観察していて気付いたことがあるのですが、鞍馬にはポメルが2つあるようです。


毎週金曜日は皆、一週間の講義や実験、月水の部活で疲れているにも関わらず精力的に練習に取り組んでいます。
これはやはり、月水に比べて多くのOBOGさん方がいらっしゃるからだと思います。先輩方が練習を見てくださってるといつもは挑戦出来ない技に挑戦出来たり、普段以上の力が出ます。僕も今まで新技を会得できた日は決まって金曜の練習でした。なので先輩方には感謝してもしきれません。
そんな先輩方と現役生が触れ合う機会として年に2回OB会があります。冬のOB会は12月30日(水)なので現役生は予定を空けておいてください。先輩方に日頃の感謝の気持ちや活動の内容を伝えましょう。どうしても参加出来ない人はSkypeの用意をお願いします。
以上OB会のお知らせでした。


明日明後日は九大祭ですね。
キャンセル待ちから参加が決まって一ヶ月、1回生は今日まで準備を頑張ってきました。
九大祭当日、僕達に出来ることがあれば何でも言ってください。聞くだけ聞きます。

そして来週からいよいよ補強が始まります。
正直補強は大嫌いです。ありがとうございます。

次のブログはとっくんお願いします。
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

11月18日(水)

こんばんわ、このたび会計に任命されました讃井武蔵です。地味ですが、目指すはマジめにキッチリ仕事をこなすマジキチ会計である。(マジでキチガイ金額を請求する会計…) とにかく精一杯頑張ります(゚∀。)

今日の練習を振り返りましょう。

伸身宙返り(スワン)を練習してます。蹴りが抜けないようにロンダートの足を入れ込む練習をしてますが、後ろに吹っ飛ぶ感覚が違和感あるし怖いです。引き上げは、斜め上に引き上げているので真上に引き上げられるように頑張ります。ロイターでは、前方の一回ひねりが最近調子いいですが、今後構成に入れるかどうかは未定です。

鞍馬
後ろ合わせの練習を始めました。クソムズイです。あと、最近移行もポメルが握れなくなりました。旋回の膝は少し落ち着きだしましたが、旋回の時右手を離すのが(反時計回り)遅いのがきになります。

つり輪
宙降りの時にリングを思いっきり引っ張るのを意識してます。宙返りの高さが変わったのが感覚的にわかりました。慣れるまでは意識を続けようと思います。また、後ろ振り上がり十字懸垂も少し良くなってきました。

平行棒
最近平行棒の高さがあげれなくなっているので困っています。膝曲げて前振りの練習をしましたが、前振りの後のためが作れるようになったので、倒立につなげれるような形になっているのではないかと思います。

鉄棒
車輪が下手になった気がします。ただ、逆車輪はバーを引く感覚を意識した瞬間回るようになりました。振り出しは、足を思いっきり上げる事が大事だと思います。

最近調子がいいせいか少し大胆なチャレンジをしてる気がしますが、この調子のいい流れに大きく乗って早く鉄棒な7技そろえたいです。さて、来週から補強が始まります。僕の補強のペアはりょう君になりました。よろしく!九大の現役には、補強、筋トレといえばこいつみたいな人がいない気がします。こういう人が一人チームにいてもいいと思います。ジムで働く竹下に期待したいと思いマッスル!
ということで次のブログ、竹下よろしくぅ~♪
Posted by 九州大学体操部   1 comments   0 trackback

わいの体操部

主務③のはねです。おととしの主務①ですので現主務①(そうた),②(ふくお)は元主務①(まさこさま)が忙しくて何か分からないことがあれば僕に聞いてもいいですよ。

新幹部が若々しく意気込み等を書いてる中割り込みしてすみません。
sbtさんがヽ(#`_つ´)ノ<4ネンセイモブログカイテクダサイヨー! とでも言ったのが始まりですかね?かなり間が空き、「いきなりかいてんじゃねーよ」と1、2年生からゴミや空き缶を投げつけられそうですが、まわってきたので書きます。
と言っても最近あまり練習に行ってなくてネタがないので空手のことを書きます。(おいおい、ここは体操のブログだぞ

僕は小学1年から空手をやっており、大学に入っても同じ流派の空手が部活としてあったため、そちらにも練習にいっています。多い時は週に6回部活ということもあり身体を壊さないよう体操の練習を休んだこともあったような無かったような気もします。3年の時の新人戦も空手の九州大会と重なってしまい、空手を優先したこともありました。(結果としてその時は3位になったので許すだけではなく褒めてください)高校の時は国際大会に出場し、プエルトリコ人と戦うというこれはこれは貴重な体験もしました。でも今はムサシ君にいじめられるほど弱っちいので見かけたら守ってください。

空手には型と組み手があります。型は試合の時は相手と一対一でその出来栄えを競うのですが、普段は一人で演ずるもので、決められた動きを何度も何度も練習します。ゴールはなく、できたら終わりということでもありません。
練習はまず上手い人のモノマネから始めます。カタチができてくるとあとはひたすら自分と向き合って繰り返し練習します。ナルシルトっぽいですが鏡に映る自分を見ながら練習したりします。
こうしてみると、体操にも通ずるところがあるのではないでしょうか。体操も技ができたら終わりではありません。また、動画を撮って自分の現状を把握するのも重要ですよね。でもやっぱり、下手なうちは自分と向き合うのも嫌なんですよ~。だけど何ができてないか、なぜできないのか、どうしたらできるようになるのか、としっかり自分と向き合うのが上達の近道だと思います。
それと、ライバルをつくるのもすごくいい上達法だと思います。自分より上手い人の演技を何度も見て、分析して、手本にしてその差を少しでも埋めようと意識した時の練習は効率のよいものだと思います。ここで勘違いしてはいけないのはライバル=敵ではありません。ライバルの存在は自分を成長させてくれる味方だと思っています。ライバルだからこそアドバイスを聞いたり、見てもらったりしましょう。そうしているうちに相手も刺激されお互いの成長になると思います。

あと空手ではよく型・組み手の話をします。戦っている時何を考えているか、こういう相手だとどう攻めたらいいのか、どのような練習をすればよいのか、などです。飲み会ではよっぱらいつつも8割ぐらいはそのような話をしている気がします。体操でももっとそのようなトークをしてもいいと思っています。そういわれたらまずけーしんに聞こう!と思ってしまいそうですが、いろんな人と話したほうがよいと思います。思わぬ人から重要なキッカケをつかめることもよくあります。またいろんな人と課題等を共有することで、周りの人もアドバイスしやすくなります。こいつは今これを練習しているんだな~って分かりますからね。

偉そうなことを書きましたが、僕は体操に関してこれらを実践することができませんでした。聞けば簡単なことですが常に心に留めて練習に励むのは難しいと思います。でもだからこそ今の後輩たちには高い意識で練習に臨んでほしいです。七大戦での結果もそうですが、上手く出来た!勝てた!という喜びは書き綴ることができないほどの感動があります。ぜひともその感動を味わってほしいです。

空手の話をしたつもりでしたが後半のほう体操の話になっていました。(空手のブログなのにすみません)4年間体操をやってきましたが、やるのも見るのもとても楽しかったです。そしてあまり練習に行けなくなるほど体操したい欲に襲われます。たまに練習に顔出すと思いますのでこれからもよろしくお願いします。かなり衰えているので1年生をライバルにしてがんばりますかね。

長くなりましたが以上でブログ納めとさせていただきます。
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

11月16日(月)

主務②になりました福尾です。聡太とともに頑張っていきます。

一応、自分の今日の練習を振り返ります。
まだ腕が伸びきらない状態(70度ぐらいは伸びる)が続き右手で押せないこともあり
床で前宙を見直すぐらいしか器具には入ってません。
前宙はだいぶ高さが出たと思うのであとはひねりのタイミングを合わせるのと恐怖に勝つことが課題です。やっぱ、ひねろうとすると怖いです。なんかゾッとします。佐賀とかで形をしっかりと作って体に覚えさせます。

他の時間はチューブやしめ、柔軟の繰り返しをしました。
柔軟はいろんな人に押してもらいました。皆さんありがとうございました。
痛かったですけどありがたかったです。
柔軟のテストもあるので今後も続けていきます。

順調にいけば11月中には器具に入れるようになると思うので頑張ります。
安全第一です(フラグ)


今週末は九大祭ですね!学祭が終われば補強の始まりです!
ついに来ました!って感じですね、皆で一緒に冬を乗り越えましょう

次のブログはレジ締めができるから会計になった(?)武蔵お願いします
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

11月15日(日)

金曜に福尾が来なかったのでもう一回書きます、聡太です。

まずは前回のクイズの答えを発表します。

答えは佐賀県です。あらゆることが同じになるということは差が無くなる(佐賀無くなる)ので佐賀県です。

水曜に自分の練習の近況報告はしたので別のことを書くことにしましょう。

日曜日は幹部交代式でした。3年生のみなさん、1年間本当にありがとうございました。ゆーまやけーしんが言っていたように、これまでの体操部の伝統を受け継いだ上でさらに発展させられるよう努力していきます。

さて、その日曜日ですが、佐賀練に行ってきました。最近は佐賀練に行く週が多く、土日が明けると何かしら得たものを発揮する人が出てきて部全体のモチベーションも上がるので、できる限り佐賀練に行く日が多くなるといいですね。今回の佐賀練、1部校の福岡大学の方たちも来ていました。この日は試技会を行っており、その様子を間近で見ることができ、非常に貴重な体験ができたのではと思います。テレビでしか見たことがないような技を目の前で見ることができ、感動です。細々としたことは今回の佐賀練に行ったメンバーに聞いてみてください。

さてそんなに書くことはないのでそろそろ終わりますが、最後に。このブログは基本的に体操部の練習があるときだけ書いてますが、今回のように佐賀練に行ったときなども書くといいのかなーと思います。というより書いてほしいなと思います。別に大した理由があるわけではありません。

これでホントに終わります。今回はクイズが思いつきませんでした。
次のブログこそは福尾にお任せしたいと思います(Y)o¥o(Y)
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

11月11日(平行棒の日)

どうも、主務1になりました聡太です。主務2の福尾とともに頑張ります。

とくに前置きもありません、一度書きかけが消えてショックなので短めで...

けーしんが練習を取り仕切るようになってからはフリー練習で、この日も例外ではなく、フリー練習でした。

ゆか
やるなら綺麗な演技がいいに決まってます。タンブリングはそれ自体の時間は短いですが乱れは目立ちやすいので着地、膝、つま先、姿勢、綺麗に見せるため必要なことを考え練習しています。

鞍馬
日本代表選手のような安定した旋回は見ている側も安心して見ていられます。肩のブレは少なく、腰を遠くまで出した旋回になるよう練習しています。日によって旋回にムラがあるので、いい日のそれが毎回できるようにしたいです。

つり輪
最近、伊都にも低リングがやってきました!これで毎回楽しい補強ができます。肘伸倒立の練習を毎回やっています。練習を始めたばかりよりもずっとまともになったとは言え、まだまだです。

平行棒
最近一年生はスイング倒立の練習をしている人が多いですね。補助は言ってくれたら必ずつくのでどんどん練習しましょう。僕は最近、棒下宙返りの練習をしています。一年の頃からやってみたいなーとは思いつつも手をつけずにいた技だったのでようやくといった感じです。来年のシーズンで使いたいなと思ってます。

鉄棒
ゆうまが佐賀で覚えてきた車輪宙をやっていましたー(Y)o¥o(Y) ゆうまの思い切りのよさは羨ましいものです、ここ最近の練習では毎回、苦痛に歪むゆうまの顔をよく見るような気がしますが...車輪のとき上で反る癖がなかなか直りません、最近はパイプに入る時間が少ないので十分に時間をとるようにしようかなと考えています。そういえば伊都にもパイプをつけようかという話が上がっていました。僕は今季、金曜日は5限まであってパイプに入れるタイミングが減っているのでついたら嬉しいです(Y)o¥o(Y)


練習の振り返りからは話がそれますが、代が変わってから、けーしんは指導メインにシフトしました。とは言ってもけーしんが分身するわけでもないので(できたらそれで試合に出て団体優勝できますね)全部をカバーということにはならないのでやっぱり部員どうしで意見を交わすことが大切ですね。

さて恒例のクイズタイムです。次のブログは主務2の福尾に頼むので答えは福尾に頼むことにしましょう。

内閣が47都道府県の面積、人口、あらゆることを全部同じにしてしまいました。すると都道府県の一つが消えてしまいました。さてさてその消えた都道府県とはどこでしょうか?

それでは(Y)o¥o(Y)
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

わしの体操部

4年生各位、大変遅くなって申し訳ありません。和田です。
先日までわちゃわちゃと飛び回っていたのですが、やっと少し落ち着いたので、一度自分の体操部での活動について振り返ってみたいと思います。

部員は大体知っているかと思いますが、僕は中学時代体操部(吊り輪・平行棒除く4種)に所属しており、4年間のブランクを経て、古賀と運命の出会いを果たし、初めて体操部に顔を出したのがちょうど3年前=1年生の秋のことでした。
怪我が原因で遠のいていた体操でしたが、心機一転、入部しようかと考え始めたその矢先

車に轢かれて全治三か月

のちの「俺たちの戦いはこれからだ事件」(言われてない)で体操部から再度フェードアウトし、正式な入部は2年生から、ということになりました。
いざ入部を果たしたものの、他サークルとの兼ね合い、個人的な制作活動等の都合で参加できず、幹部学年になってからも古賀、重田、はねちゃん、大坪、ヤギ、かさかさに活動のほとんどを任せきりでした。
何が言いたいかというと、いろんな意味で中途半端な部員だったということです。

何だかただの反省文じみてきましたが。。
そういう中途半端さがあったからこそ、4年生の七大戦まで不完全ながらも活動に参加し続け、復帰前以上に体操に取り組めた事実に、僕にとっての「九大体操部」の魅力というものが見えてくるのだと思います。
それは例えば、新谷先生・田原さんのサポート、進藤先輩のアドバイス、てつ先輩・ゆみ先輩・とみー先輩とのおふざけ、誰より体操を愛した古賀、男子会の脱衣スマブラ、かさかさ・大坪の顔芸、重田のクソリプ、可愛い後輩たちの頑張る姿、中路の吸引力、柴田のクソリプ・・・数えきれないツイ廃たちの記憶が、瞼を閉じれば星のように瞬きます。
そして何より、たくさんの部員と一緒に体操をできることが楽しくてたまりませんでした。

先輩・同期への労いも、後輩への激励も、本来できた義理ではないですが、自分を再び体操に巡り合わせてくれた九大体操部へせめてもの感謝の気持ちを贈り、別れの挨拶とさせていただきます(卒業できるとは言っていない)。
どうもありがとうございました!!
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

11月9日月曜日

女子リーダーになりました九村香菜子です。一年間頑張ります!よろしくお願いします!

三年生の先輩方、この一年私たちを引っ張ってくださって本当にありがとうございました!
引退されてもまた練習にきてくださいね\(^o^)/


月曜日の練習の振り返りをします。
女子は3人だったので、体が冷えることなくいっぱい練習できました。

・基礎
新人戦前に筋トレをさぼっていたせいか、最近筋トレがめちゃめちゃきついです。もうすぐ補強が始まりますが、とっても不安です…… とりあえず今はいつもの筋トレを頑張ります。
ロイターで前方ハーフの練習をしてますが、4分の1までしかひねれません…
抱え込みと素早く回ることを意識して頑張ります。

・床
マットを積んでみんなでロン宙練習してます。背落ちするときはいい感じにふっとべたけど、回そうと思うとその感覚を忘れてしまうので、時間とマットの余裕があれば、慣れるまでは毎回積んでせおちの練習したいです。あと手が耳のところに残ってしまうので、そこが課題です。着地もとれるようになりたいです。

・平均台
足上げターンがちょっとできそうでした。おそるおそる回った方がよさそうです。
交差ジャンプは毎回地上と低台で慣れてからじゃないと高台でやるのはまだ怖いです。前足があがってこないのでそこが課題です。
後方ブリッジは伊都の低台だとちょっと怖くてやる勇気が出ないので、まずは勇気を出そうと思います…

最後にバーレッスンをしました。(覚えていないので動画をみながら…) 久々にやったので、いつも以上にきつかったです。月曜日は時間があるので、どんどんやっていこうと思います。

試合が終わって、みんなが新しい技に挑戦していて練習がとても楽しいです。このモチベーションを維持していきたいです。


意気込みを書いていく流れなので私も書きます!
個人的に、リーダー的なことをしたら散々なことになった経験しかないし、これまで先輩に頼りきりだったので正直かなり不安です…
さっそくおどおどしております…

でもせっかく任されたので、みんなと一緒に頑張ります。

全体の目標は来年の七大戦で3位以内です。
一緒に頑張ってくれる仲間がいて、頼れる先輩がいて、アドバイスをくれる人や補助をしてくれる人がいて、支えてくれるマネージャーがいて、体操をする環境として(物理的なことはおいといて、)すごく恵まれていると思います。
学部が忙しかったり他サークルがあったりして、あんまり練習に来れない人もいますが、目標を持って自分ができる範囲で頑張っていきましょう!

次のブログは主務①のそーたくんお願いします~
Posted by 九州大学体操部   1 comments   0 trackback

11月8日

新チーム副キャプテンの青木佑真です、1年間よろしくお願いします!
3年生は幹部のお仕事1年間おつかれさまでした!先輩方のやってこられたことを引き継ぎ、さらに発展させていけるように頑張ります。

自分は去年の夏休みに体操部に入部したので、先輩方の中には自分を全然知らない人がいると思いますが(昨日初めてハルヒンさんとお会いしました)、1番でかいのが自分なので分かりやすいと思います!!積極的に話しかけさせていただこうと思っているのでよろしくお願いします!!

とりあえず練習の振り返り
昨日は箱崎練でした、最近鞍馬が楽しいです、暇があれば自分の旋回の成長ぶりをみてください!
そして今日は佐賀練にいってきました!車輪から直接宙降りができたので、加速車輪を練習して2回宙したいです!!

新チームになってからアップのメニューを大幅に変えました、けーしんがいつも意見を欲しがってるのでみんなどんどん言いましょう!


さて、意気込みを書きます。
一言でいうと自分は九大を「高めあう楽しさのあるチーム」にしたいです。
自分はのめり込んで練習して高めあっていく雰囲気が好きなので、この言葉が一番あってると思います。

副キャプテンっぽくみんなに強く言ってみますが、自分はこの代の九大体操部をそういうベクトルに引っ張っていきたいので、ついてきてください。
重田さんのようにみんなのことをしっかりとみて、柴田さんのように自分が率先してやることで九大体操部を引っ張っていきたいと思います!

あと、強くなるためには怒鳴るくらい本気で部員とぶつかっていきたいです!じぶんが高校時代までそういう環境で育ってきたので、、、
特にキャプテンと副キャプテンはケンカするもんだと自分は思ってるのでケーシンヨロシク

その上で、全体をしっかりみて、キャプテンを支えながら、九大体操部のこの代を作り上げていきたいと思います。


自分がここまで強さのベクトルにこだわろうと思ったのにはわけがあって、もちろん単純に体操がみんなでうまくなりたいというのもあるのですが、自分たちの代には体操部を面白いベクトルに引っ張ってくれる人が結構います。

そうやって平行四辺形の法則的に体操部がよりよく進んでいけばいいかな、という理系の考えです


こんなかんじです!


強く強くと言いましたが、結局は体操うまくなった方が絶対楽しいと思うし、それが団体戦などで結果として表れるともっと楽しいだろうという考えです
みんなで強くて楽しい体操部を作りましょう!!!



次のブログは女子キャプテンのかなこちゃんで!

あっ、佐賀練は何年生男女問わずいつでも大大大大歓迎っす!いつでも自分に提案してきてください!
Posted by 九州大学体操部   1 comments   0 trackback

11月6日

新キャプテンを任されることになりました圭伸です!
練習始まるまでに更新したかったのですがギリギリになってしまった…笑

まずは3年生の皆さん、幹部学年お疲れ様でした!先輩方にこれまで頼りっきりだったので自分達でやっていけるか不安ですが、まだまだ一緒に練習したいので、またいつでも練習にお越しください!
中路先輩から意気込みをとのことなので、自分なりの意気込みを書こうと思います。
固い話をするのは苦手なのですが頑張ります笑
入部した当初から、この学年が幹部になったら自分が主将を任されることになるんだろうなとは薄々感じてました。(偉そうにすいません…)
そう感じてた分、一年の頃から『こんな部活にしたい』という構想が何となくありました。
それを少し話そうかと思います。


自分は高校時代、回りに男子部員が誰一人おらず女子しかいない環境の中で3年間練習してきました。(男子部員は実際沢山いたのですがそこの事情については割愛します笑)
なので練習も勿論フリーだし、監督も女子に付きっきりで自分は基本的に放置なので練習ほったらかしにして遊んでてもバレないし、自分で時間を組み立てては自分の好きなように練習していました。
自分は床と鞍馬が好きだったので、練習時間のほとんどをその二つに充てて、補強なんてほとんどしませんでした。
そんな練習を続けていたため、床と鞍馬は辛うじて伸びましたが、他の種目は散々な感じになってしまいました。
補強も真面目にやらなかったため基礎筋力もつかず、故障する箇所が多く出てました。今も肩や腰や手首でそれを引きずっています。


皆さんはこれをどう思うでしょうか。
自分みたいな感じになりたいと思うでしょうか。
少なくとも今の現役の選手には、自分のようになって欲しくないと思います。
自分も高校時代真面目に全種目取り組んでいたら、80点は軽く越えていたと思います。
そりゃ勿論人それぞれが得意分野で個性を出して伸ばしていくのは、やる側も楽しいし見てる方も楽しいです。そういったことが目に見えてできるのが体操の良いところでもあり、やり込めるスポーツである理由の1つでもあります。
でもそれを極端にやってしまうと、体操の本質から外れてしまいます。ガンバの東先輩みたいになってしまいます。体操は6種目(女子は4種目)の合計点数を競うものなので、全体をある程度底上げする必要があります。
その『個性を生かしながら全体の底上げをする練習』と言うのが自分の指導のテーマになってます。それについて考えた結果が今の練習のやり方です。
なので練習に対して少し厳しい言葉もかけるかもしれません。
でも自分には体操をやる上で一番譲れないものがあります。それは体操を「楽しむ」と言うことです。
自分は高校時代一人で練習していた分、大学の部活に入って回りに気持ちが共有できる仲間がいるというのが、かなりのモチベーションになりました。
普段何気なく『ガンバー!』と声かけしているかもしれませんが、言われている側は結構心の助けになっていると思います。
それがあればキツいことも楽しく頑張っていけると思うので、体操を楽しむということを忘れないでほしいです。

ここで注意して欲しいのは、「楽しむ≠楽する」と言うことです。
楽なことは確かに楽しいかもしれませんが、それは部活じゃなくてサークルです。楽したりキツいことから逃れて体操が上達すると思わないでください。そんなに甘いものじゃないです。
要するにサボるなってことです笑

もしサボりたかったり、練習メニューに異議があるときは自分にいつでも言ってください。
別に怒るとかじゃなく、その意見を真剣に参考にしたいので、是非遠慮せず言って欲しいです。
自分の意見が一方通行になって選手の意見が聞けなくなってしまうのは絶対に避けたいので、全員で部活を造っていきましょう。



長いこと書きましたが、要はそれぞれが目標をもって部活を盛り上げていきましょうってことです!
自分は主将兼指導者という形で頑張っていこうと思ってるので、自分にできることであれば何でも言って欲しいです。
15年近くやって来た体操人生で得てきた経験を、少しでも生かせたらなと思います。
多少大変だと覚悟はしていますが、この一年キャプテンとして後悔しないように、やれることは全部躊躇せずやろうと思ってます!


言いたいことまとまってなくてすいません笑
人をまとめるのが苦手で、無駄なことでよく考えすぎて、人の本心を引き出すのが苦手な奴ですが(笑)、
一年間よろしくお願いしますm(__)m

次のブログは副キャプテンの佑真にお願いします!!
練習日がないと更新できないなんてルールはないから練習の反省と一緒によろしく!
Posted by 九州大学体操部   4 comments   0 trackback

11月4日

こんばんは、更新遅くなりすみません…
あれっ叶は書かなくていいの?ってなった中路です。まぁ今度でいっか(笑)

ひょっとすると最後のブログになるかもなので書きたいこといっぱい書きたいと思います。

バク転できるし円馬も回れるし体操めっちゃ余裕やろって入部してからはや2年と半年…
いきなりケガして夏にほぼ練習できなかったり、
補強と失敗のトラウマでめっちゃやる気うせたり、
急に団体に選ばれるチャンスがでてきて初めて真面目に体操と向き合ったり、
主将になったと同時に勉強しんどくなって自分の時間が減って一気に伸び悩んだり、
説教して西垣内泣かしたり、
七大戦で思いっきり負けたかと思えば、新人戦では60点採って2位だったり、
振り返ってみるとホント山あり谷ありな濃い二年と半年だったけど終わってしまえば本当にあっという間だったな~って感じです。
ただもし大学で体操を始めなかったら、途中でやめていたらきっとニート大学生して単調な生活しか送れなかっただろうから、そういう意味では体操というスポーツと体操部の方々には本当に感謝しています。

さて、また自分の話になってしまいますが主将としての反省を最後なんで正直に書きます。
まず一年間を振り返って主将としてはうまくいかなかったことの方が、うまくいった方よりもはるかに多かった気がします。
男子の補強が全然うまくいかなかったり、サボってるのを見てあんまり怒れなかったり、部員と練習以外のところで遊ぶ場や話す場を設けることができなかったり、途中自分と後輩との熱の差を感じた時にも強く言えなかったり…ほんと言い出したらきりないレベルでたくさんあります。でもやっぱり一番後悔をしていることは七大戦の数ヵ月前くらいから後輩の練習を見ていて喝を入れないといけないところを、自分のことにいっぱいいっぱいになり過ぎたせいで放っておいて自分のことだけに集中してしまったことです。今考えると主将として失格だなーと思うし、こういう風に自分が思ってしまった時点で七大戦で勝つことを自分から捨ててしまったのかなと思っています。
というのは自分が主将になったときの目標が、阪大のように初心者でも60点をとれるような人が何人もいて、団体のメンバーが選考会をする最後の最後まで分からないような層の厚いチームを作りたいというものでした。
しかしいざ運営を始めると部活の練習の雰囲気ややり方で思うことは山ほどあるのに、なかなかそれをみんなに言い出せず、
ため込んでしまい、最後には目標をあきらめて自分のことに専念しようという主将としてしてはいけない決断をしてしまいました。
そして七大戦での結果は6位。アクシデントはあったものの一番の敗因は技術面というよりかはやはり他大との層の厚さの差だと感じました。やはり同期の学年で点数がハイレベルな段階で団子状態になっている他大に比べると、同期の代の中でも点数に結構開きがあって、苦手種目が顕著に点数に出てしまう九大はやはりどこか練習の段階で差ができていたように思います。
正直この文章を1,2年生に読ませるのは本当に申し訳ないとは思ってますが、これは自分が後輩に文句を言いたいために書いてるんじゃなく、どういう形であれ今の1,2年生には体操のことで自分のように次に繋がらない後悔をして欲しくないと思ったのであえて書きました。
って言いたいこと伝わったかな…?(笑)

では最後にこれからの体操部について…
実は引退する前にすごく嬉しいことがあって、それはさっきまで散々な感じで書いてしまったけど、だんだん自分の理想としているような気持ちで体操に取り組んでる人が後輩に増えてきたということです。さっき自分指導サボったって言ったので自分の手柄とは思ってません(笑) やっぱり一番の要因は今の二年生が幹部学年になることを新人戦前に自覚して練習に取り組むようになったからじゃないかな…一年生も積極的に佐賀練に行ったりしてその二年生についていくような感じだし今の練習の雰囲気は確実に自分が主将をやってた時よりも良く感じます。正直ちょっとこれからの体操部の練習にはいろいろ不安があったけど、それもなくなり安心した気持ちです。これから補強やオフシーズンでなかなかモチベーションが上がらないとは思うけどそういう時こそ自分の最終目標を思い出して練習に励んでいって下さい。もし最終目標を立てれてない人がいれば今すぐ立ててそこから逆算していって身近な目標を立てて下さい。さっきも書いたけど引退なんてほんとあっという間で、終わってから後悔したってどうしようもないです。なのでこれから一回の練習、その中での1ローテ、その中の1回の技練の時間でさえも大切に思って使ってほしいと思います。
そうすればきっといつかいい結果として出るはずです!体操はまぐれやたまたまが無い分逆に努力がそのまま結果に表れるスポーツなので。

あと今の代がどういうことを目標にしてるかは分かりませんが、七大戦は最低でも5位以内に入って今年の九大の団体をこえて欲しいです。今の現役の代のポテンシャルなら絶対にできるはずです!!自分は訳あって出れませんがこれからはOBとして全力でサポートに徹するつもりだし必ず応援にも行きます!
あと個人的には自分の点数も超えて欲しいです。(超えられたくない気持ちも半分…)ではこれから頑張ってください。

読み直しても全く感動できなかったので追いコンの時にリベンジします。(多分)
ではこれからは新幹部に一人ずつ挨拶と意気込みを書いてもらいましょう。じゃあ新キャプテンの圭伸お願いしますm(__)m
Posted by 九州大学体操部   1 comments   0 trackback

11月2日(月)

丁度いい時に回ってきました、お久しぶりです。柴田です。この日の練習でやっと平行棒の後ろ振り倒立のコツをつかんで、理想に近い形で上げられるようになりました!1年生からやってきた脇振りが報われました。あと移行を揃えれば自分のやりたかった構成が実現できるのでその練習もしていきます。
 

話は変わりますが、先日行われた新人戦を区切りに幹部代が変わり、僕たち3年生は引退となりました。同期のみんなにはいろいろ迷惑をかけましたが気が付いたらここまでやってました(笑)


「大学で新しいことをやりたい」と思い、楽しそうな雰囲気につられていつの間にか入部して、全6種目をやることに驚いたのは2年半前。当時は団体とかは全く頭になく、何かできるようになればいいやとしか思っていませんでした。初めての七大戦では他大の同期たちのレベルの高さを知り、このままじゃだめだと思い始め、今まで逃げていた吊り輪にも自分から入るようになりました。また、冬の補強では支持が弱いと言われ、倒立2分が苦しい状態で、先輩方にたくさんいじめてもらいました(笑)。

おかげで2年生になって補強の成果が表れ、技数も少し増えました。しかし、同期の中路や叶が団体に入って2人に差をつけられはじめました。さらに下の代も強かったので相当焦りを感じるようになり、モチベーションをなかなか保てませんでした。そんな精神状態の中迎えた2年の新人戦では、当然のことながら安定感が皆無でミスを連発し、とても悔しい思いをしました。技数もそろい、高得点を叩き出している同期を見て彼らに追いついて団体に入りたいとその時強く思いました。そして、安定感のある演技を心がけるようになりました。

新人戦後は幹部代となり、3年生となってさらに後輩たちが増えて自分だけに費やす時間が少なくなりました。でも自分たちのアドバイスで技ができるようになった後輩たちを見ていると嬉しかったし、刺激になっていろいろ考えることができました。そしてシーズンが始まり試合をしていく中で少しずつですが、ミスしても切り替えられるようになり、自分の演技ができるようになってきました。そして迎えた七大戦。団体には入れませんでしたが、今まで僕たちを指導してくださった先輩たちの前で安定した演技をすることができ、自己ベストを大幅に更新できました。

そして1か月後の新人戦では念願の団体に入り、さらに初めて同期の2人と一緒に回ることができました。始めの床でミスしてもまだ終わっていないと気持ちをスパッと切り替え、そのあとの種目を安定してこなせたのはこの2年半の中で最も成長できた部分だなと思います。団体で助け合う雰囲気も同期で回ることも今までの試合の中で1番に楽しかったし、結果として二部の吊り輪と個人総合で賞状を取れたのもとても嬉しかったです。これで引退はしましたが4年の七大まではやりたいと思っているので(院試次第ですが)、これからも鞍馬と鉄棒を強化しつつ楽しんで体操をやっていきたいと思います!



それと今日の部活前に横綱白鵬関の講演会に行ってきました。そこで横綱が大切にしていることを2つほど紹介します。

1つ目は「木鶏」の精神です。これは中国の闘鶏に由来することで、「どんな敵が相手でも落ち着いて堂々として木鶏のように動じない時に初めて最強の状態になったといえる」という考えです。体操でも自分の演技をする自信があれば少々のことには動じなくなると思います。

2つ目は「後の先」という考え方です。相撲では立ち合いにおいて後に立った方が不利と言われていますが、そこから自分の型に持っていくことで勝ちにつなげるということです。どのスポーツにおいても自分の型を持っておくことは大事だと実感しました。

講演の中で横綱は何度も「自分は運で勝った来た」とおっしゃいました。しかしそのあとに「運は努力した人にやってくる」と付け加えられました。努力してきたからこそこの地位を勝ち取れたと自信を持って堂々と言える白鵬関にはさすが横綱と思わされました。



毎度のことながら長くなりました。これから長いオフシーズンですが、自分の課題を見つけてみんなで補強頑張りましょう(笑)。僕も鞍鉄と仲良くなります(笑)。
blogの3年生シリーズの最後は前主将の中路に締めてもらいましょう!よろしく!!!
Posted by 九州大学体操部   1 comments   0 trackback

10月30日(金)

お待たせして申し訳ありません。緒方です。
新人戦を終えてから、部活に行けていないので新人戦を含めふんわりといままでを振り返ろうと思います。ふんわりとです。

自分はマネージャーとして部活に入れていただいているのですが、正直なところ、まさかここまでやることになるとは思いませんでした。
もちろん選手のみなさんよりは体力的にも精神的にも負担も少なく、ちゃらんぽらんに見えたかと思いますが、「大学の部活なんかふわ〜っと入ってふわ〜っと辞めるんだろうな〜」という偏見に満ちた(?)軽い気持ちで入った身としては驚きだったのです。

いつの間にか後輩もたくさん増えて、マネさんも増えたり減ったり(笑)、その分仕事も増えたり減ったりしましたが、敏腕マネさんが勝手に育ってくれたので、今後も頑張ってほしいです〜!
2人ともとても頼りになるので、選手のみなさんはどんどんこき使ってあげてください(笑)
仕事を与えられると、きっと喜ぶと思います(笑)
私も行けるときはできるだけ参加したいです……(就活時期が前倒しになるとかなんとかで、何もわからずお先真っ暗です)

同期のみんなには、たくさん迷惑をおかけしました。支えてあげなきゃな〜と思いつつ、気付けば逆に支えられていました。
新人戦のときは、みんなの勇姿を見て、私は何もしてないのにメチャクチャドヤ顔しました。
2年半ずっと地道に練習してる姿を知っているので、努力が報われてるのを見て、誇らしかったです。お母さんみたいな気持ちです。
恐らくまだ体操を続けることと思うので、もっともっと上を目指して頑張ってほしいです。

遅くなって申し訳ないですが、次は柴田さんお願いします!