九大体操部ブログ

このブログは、九大体操部の平凡な日常を淡々と描く物です。過度な期待はしないでください。
Posted by 九州大学体操部   1 comments   0 trackback

女子審判講習会まとめ

審判講習会から鼻がムズムズのとみざわです
審判講習会のまとめを書いていきます。進藤先輩と同様、主に部員の現レベルに関係することだけ書いていきます。

変更点が大きいのはゆか・平均台ですかね。各項目で再度説明しますが、芸術性が強調されてます。

【一般的なこと】
ND(ニュートラル ディダクション)
とは、計時、ライン減点、行動などの減点のことです。
以前は短い演技については、その技数に応じてEスコアが定められていましたが、今回からは技がなくても、8技揃っていてもEスコアは10となり、技数に応じて減点されます。
        ND
7技以上 -0.00
5~6技  -4.00
3~4技  -6.00
1~2技  -8.00
技がない -10.00
 Dスコア+Eスコア-ND=最終スコア
結局与えられるEスコアは以前と同じです。

・Eスコア
減点項目に変更がありました。採点規則P22~24に一通り目を通しておいてください。

・ひねり認定
アクロバット系:前の脚の位置で決定(つまり片足でも前を向いておけばOK)
ダンス系:肩と腰の向きで決定。肩と腰は同時でないといけない。足が横を向いていてもOK。
      ねこジャンプの1回ひねりとかきれいにしましょうね。
      

【跳馬】
・助走
助走を失敗して(器具には触っていない)、2回目の助走をするともれなく1.00点の減点がつくようになります。(跳ぶことはできる)
3回目の助走は認められません。
そして助走は最大25mとなりました(0.50の減点)。

・実施減点
少し緩くなりました。


【段違い平行棒】
・要求
CR1 高棒から低棒へ移動する空中局面を伴う技 に変更
・実施減点
演技にそぐわない運動 各-0.50(前0.30)技の実施なしで棒を換える、同じ技で換えるなど
「終末技がない」で―0.50なので、終末技がないならわざわざ減点されてまで高バーに行く必要はないんじゃないかなーと思います。高バーでやる技でEスコアが変わる、ならちょっと考えたがよさそう…


【平均台】
・芸術性
採点規則P37に芸術性についてうんたらかんたら書いてあります。
選手が“何”を実施するかだけでなく、“どのように”実施するかである。ドヤァ
講習会で言われていたのは、流れるような演技が大切だということ。
お手本として、コマネチのモントリオール五輪の映像が挙げられてました。↓
http://www.youtube.com/watch?v=odTtfnWdfGU
技の前に静止することなく、こなしと技をスムーズにつなげてますね。
“ゆっくりだったり、活発だったりするが、ダイナミックですべてが連続でなければならない”そうです。

・組み合わせについて
文章にするとめんどいので頑張って今度実演します笑

・ターン
ターンの角度は支持脚の踵が落ちたところで決定。変更点ではないですけど確認のため。

・実施減点
横向きの動きがない(技でない)、台に近い動きがない(技でなくてよい)
前者は横向いて腕を動かすだけでもOK。後者は影ちゃんの足パタパタとか、技でもいいので前転とか。

【ゆか】
・芸術性
ゆかに関しては音楽性についても言われてます…(採点規則P42)
ゆかに関してもお手本が挙げられました。
コマネチ モントリオール五輪
http://www.youtube.com/watch?v=qAnZId1lGlI
チャスラフスカ メキシコ五輪
http://www.youtube.com/watch?v=4NTFHb4r-oY
ここでも“これは選手がなn(以下省略)”ドヤァです。
両者の演技を見れば、流れるような演技である、リズムに緩急がついている、音楽と動きがあっているというのがわかると思います。

あと減点項目で1回より多いアクロラインの前の両足上での静止が加わりました。2回目以降両足で静止するたびに0.10引かれます。(九大の女子はアクロライン1本しかないけれど…)
今年の3月頭に行われたアメリカンカップでシニアデビューし優勝したKatelyn Ohashiのゆかの演技です。
http://www.youtube.com/watch?v=1JEtNqRg-jY
この大会では2013年の規則が適用されてるので、彼女は片足立ちしてこのルールを適用されないようにしてますw
難度主義的な演技ではなく、芸術的でなめらかな演技をやれということなんでしょうけど、彼女のようにすれば簡単にくぐりぬけられますねw
審判員の人も「このルールに関しては変更か文言の追加かが行われるだろう」とおっしゃってました。

・要求
CR1 1つは180°の前後/左右開脚または開脚屈伸姿勢をもつ少なくとも2つの異なるリープまたはホップの直接または間接の組み合わせでの移動(オレンジ部分追加)
*1つ目の着地は片足
左右開脚も追加されたので前後が苦手な私には朗報です…!

・動き(こなし)に関して
床に近い動きがない、音楽に構成がない、動きが音楽に一致していない、表現力等の減点項目が増えてるので、早く音楽を決めてこなしの練習に時間をかけなければなあと思いました。



部員のレベルに関係あることを書いたので、これ以外に知りたかったら私に聞いてください。資料とか貸します。
また、体操協会が変更点をpdfであげてるので参考にしてください。↓(最初にhをいれてください)
ttp://www.plus-blog.sportsnavi.com/jpngym/article/1753

技の難度の変更についてもまとめられてるので一度見てみるのをオススメします!

女子も試合に向けがんばっていきましょう!!!\(^o^)/
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

3月29日(金)

書き忘れていたため自分で自分を指名することになりました羽多が担当します。

この日はたくさんのOBさん方が練習に参加してくださったため、活気があったのと、いろんなことを見て学ぶことができました。
基礎の時間では倒立の調子が良くて最初の2回は20秒止めることができました。

跳馬
跳馬は手首の痛みでずっと入れてなかったので不安でしたが歩幅もしっかり合わせて飛ぶことができたので、ほんの少し安心しました、が、ロイターをけったあとに足が曲がること、足の振り上げが弱いこと、しっかりつけてないこと、など改善点はまだまだあります。転回の点数が下がったので、今まで以上に減点の少ない演技をする必要があります。

鉄棒
赤い紐が行方不明なのでパイプができないことが痛手です。腹うちをやったのですが、打つ場所がだんだんあがってきて、胸あたりをうつようになりました。ぬきとアフリがまだ中途半端なのでメリハリつけてやりたいと思います。あと田口先輩がおっしゃっていたのですが、補助がいたとしても車輪が回らず戻ってくるのは間違ったアフリの方向が癖になるうえ、危険なので、最低でも腹打ちにもっていきたいと思います。

吊り輪
吊り輪はひたすら後ろ振り上がりです。低リングで十字の練習とかもしていて、ゴムチューブをつければ止まりそうな感じです。後ろ振り上がりについては意識することが分かっているので、意識していることを実行できるようにします。あと宙降りもひねってみようと思っています。

次練習があるときは月も変わり4月です。新入生も入ってきます。というか入れなければなりません。九州インカレも近づいてきます。あらためて量より質という言葉が身にしみます。練習出来る日は決まっているので、毎回自分なりのテーマをもって練習に励みたいと思います。

次のブログは戻ってYUIキャーキャーおおつぼんぬでいいですかね
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

3月27日(水)

遅くなりましたが羽多がブログを担当します。

合宿以来手首の痛みで器具にあまり入れなかったのですが、ようやく痛みが治まってきたので器具にはいれるようになりました。九州インカレまであと一ヶ月ほどなので、かなり焦っております(-。-;

鉄棒
まだ車輪が回ってないので九州インカレまでには回したいです。振り出しで腕をしっかりのばすこと、抜きは肩で抜くこと、アフリの方向などをしっかり意識して、量だけでなく質にこだわりたいと思います。

吊り輪
吊り輪もまだ後ろ振り上がりが出来ていません。スイングは前より大きくなってきたのですが、タイミングと手の持ってき方がうまくできていないようです。上に上がれば脚前挙ができるうえ、十字の練習もできるようになるのでなんとしても九州インカレまでには上に上がりたいと思います。


床では最近前宙のハーフをやっています。ロイターがあればできる時がありますが、緑のマットでやるにはまだまだ高さが足りないです。側宙もロイターではできるので緑のマットでもできるように高さを出す意識を持ちたいと思います。側宙を構成に入れることができれば得点が上がるので、マスターしたいと思います。

円馬も回り始めるようになりました。自分が思っている以上に体重移動を素早く行うこと、腰をとらずに回すことを意識して安定して回せるようにしたいです。

次のブログは一日書き忘れたはねに書いてもらいます(^_^;)
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

3月25日(月) 黒崎

こんにちは
「眠りのこだぬき」こと黒崎です。大坪んぬの代わりに書かせていただくことになりました。
さっそく練習の反省にいきましょう。


基礎に関して、最近倒立歩行が安定してきました。あいちゃんとあきちゃんの倒立をイメージすると断然倒立がしやすくなりました。さっそく合宿の成果が出てきたようでうれしいです。

床はいつも通り、ロンバクの練習を中心に行いました。床の練習が1週間ぶりだったため、感覚を取り戻すところから始めなければいけませんでした。合宿のように練習が毎日ないと反省をすぐに生かせないのでもどかしいですね。ロンバクは正直前回よりも下手になった気がします。ロンダートがより入らなくなった感じです。膝がまがっているのと、そりができてないなーと思いました。「立つつもりで一瞬待って」が体で覚えられるように何度も練習します。あともしできるならロン宙もやってみたいです。

平均台に関してですが、七大戦では新しい難度の高い技をするよりも落下無しの美しい演技を目標にしています。その目標で考えると一番大きな課題が側転です。成功率がまだ低く落下の一番の原因です。最近は着地のときに手をすぐに持ってくることで落下を減らしています。けれど見た目が良くないのでひねりをきれいにしていこうと思っています。練習法として片手側転でひねりの感覚をつかみに行こうと思います

今回の練習は関係ありませんが跳馬でロイターの距離を変えてうまくいったという人が多いですね。私も時々跳馬に圧迫感を感じて飛びづらいなと思うことがあります。なので次の練習では距離を変えて飛んでみようと思います。金曜日が楽しみです。


今日は卒業式ですね。4年生の先輩のみなさん、おめでとうございます。イベントのときは高確率で雨になる私としては昨日の夕立のようにならないことを切に、本当に願っています。

次のブログは羽ちゃんにお願いします。
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

3月22日(金)

こんにちは!
この前、ついに免許をゲットしたかげやまです☆
みなさん、免許試験場ではお金が必要になりますので、忘れずに持って行きましょう!!

金曜日の練習では平均台と跳馬をしました。
パイプの輪がなかったのでパイプができなくて残念でしたね。

平均台では、合宿中にはまこじ先輩からいただいたアドバイスのおかげでウルフがだいぶ高く飛べるようになってきたと思います。あとは、前回とみざわさんもブログに書いていたように手が汚いので意識することと、もう少し、前方を見れるようになったら綺麗になると思うので、そこのところを意識してこれから練習していきたいです。
側転は、最初の含みがすごく大切でふくめていたら、側転も安定してできます。でも、まだうまくできる確率が低いので、毎回きちんとできるように練習していきたいと思います。めぐりもふくめてるときは、すごく安定していていいなって思ったよ♪

跳馬は前々から課題であった、全速力で走れていないって問題を改めて考えました。はまこじ先輩からアドバイスをいただいてロイターの位置を下げてみると、跳馬の圧迫感が少なくなったせいかいつもより思い切って走ることができました。来週から50センチでやっていこうと思います。
とみーもロイター下げてすっごく良くなってたね!!
くろりなも下げてみるといいかもね。

そういえば、最近めぐりの前宙がすごく良くなってきてるね!あとは、それでロイターをけれたらいいね。
かげやまは、合宿で少しつかんだひきあげるのができたりできなかったりしているので、もう一度しっかり意識してやっていきたいです。


次のブログは、YUIにキャーキャー言ってたおおつぼんぬにお願いします。
Posted by 九州大学体操部   2 comments   0 trackback

男子審判講習会まとめ

どうも、のすけです(゚ー゚)


さて、23日に北九州の九州共立大の方で行われた男子審判講習会に部員数名で行ってきました!


今年度から2013年度版の採点規則の適用が始まります。
それに伴い、今までとは多少違った重要なルール変更が数点見受けられたので、
その情報を部員のみんなにお伝えしようと思います!(*^-゚)v

あくまで現在の部員に必要な情報のみをピックアップして書いていきます。
オリンピックレベル等レベルの高い技などの規則変更については省略するので、
もし知りたい方は講習会に行った部員に直接聞いてください(笑)


それでは各種目ごとに・・・




【一般条項】
①技数不足に対するEスコアの満点について
IMG_8851.jpg

②片手、両手でゆかを支える着地が今までの「0.50の減点」から「1.00の減点」に変更

③倒立でぐらついた場合の減点に小欠点(0.10)の項目が追加




【床】
①力技は構成に2つまで。3技目以降は不認定。(旋回技も同じく)

②前後開脚の「2秒静止」という要求がなくなる。ただし、明確なポーズを見せること。
 IMG_2146.jpg

③新技がいくつか追加
 現実的なのはコレ。翔太がアップでやってたね。
IMG_4551.jpg




【鞍馬】
①演技の開始が今までの「選手が器具に触れた時」から「選手の脚が地面から離れた時」に変更

②全ての旋回技の開始と終了は正面支持
 ・・・つまりこういうこと↓
無題
 1周半回さなくても1周で技認定はされるみたいです。

③倒立おり以外の終末技について、肩の高さを基準に身体が最低30度以上で実施しなければならない。
 以前は45度必要だったから少し緩和されたね!(v^ー゚)v




【吊り輪】
①厚さ10㎝の着地マットを置かなければならない。
 鉄棒や跳馬に置いてるアレですね。今回から吊り輪も義務化されました。
 これを外したり移動することはできません。

②開脚前挙から脚前挙に戻す動作は、構成上の減点0.30に該当する。

③1演技中にグループⅢまたはⅣの技は連続3回まで。
 それ以上行う場合は間にB難度以上の振動技を行わなければならない。

 
 ・・・正直コレが大問題です(汗)


 ≪グループⅢ≫
  振動からの力静止技(後ろ振りあがり十字など)
 ≪グループⅣ≫
  脚前挙、脚上挙、背面水平、力倒立、前回り、十字など・・・


 この中から合計3技までしか連続ですることができません。
 4技目を行う場合はB難度以上の振動技(ほん転、ホンマ、ケキなど)を一回間に挟まなければ、
 その技は不認定になってしまいます・・・

 しかもこのB難度以上の振動技には、け上がり脚前挙支持(Ⅰ)・後方伸腕け上がり(Ⅰ)・
 後方伸身支持回転倒立(Ⅱ)は含まれないそうです。。。

 現時点の構成でこの制限に引っ掛かるのがカンタと翔太と吉永
 後々の構成で引っ掛かりそうなのがたすくときやですかね。。。

 これは早急に対策を練る必要があります(@_@;)




【跳馬】
①ほぼ全ての技の価値点が1.00下げられた。
 つまり、例えば転回跳びが今まで満点13.00だったのが12.00になりました。。。涙

②グループの大幅な変更。それに伴い、切り返し系の技が削除。

③助走のやり直しは1回のみ認められるが、1.00の減点をされる。




【平行棒】
①すべてのけ上がりにつながる懸垂技は伸膝で行われなければならない
 まぁ・・・当たり前?笑




【鉄棒】
①アドラー系の技は演技中に最大2回まで。
 3回目以降は難度不認定となり、Eスコアから0.30の減点となります。

②アドラー技の削除(以下の2技)
IMG_6963.jpg
 アドラーが認められるには倒立までいかないとダメになりました。。。厳しい!




以上が、ボクが重要だと思った主な変更点です。



衝撃的だったのがやっぱり吊り輪の技数制限ですね・・・
講習会ではオリンピックの演技を今年度規則で採点していたのですが、
このルールにひっかかってたくさんの選手のDスコアが儚く散っていってました・・・(ノ_-。)


また、床でも「宙返り転はいかなる宙返り技とも直接つなげることができない」という新規則によって
オリンピックで頻繁に行われていたテンポ~トーマスなどが不認定となり
同じくたくさんの選手のDスコアが悲惨なことになってました・・・(ノд-。)


今回のこの規則変更によって、世界の選手たちの演技構成も今までとはまた違った新鮮なものになると思います。



ボク達も、この新規則に則った構成を各自改めて考え直し、
各大会ベストな成績が残せるように頑張って行きましょう!d(@^∇゚)/♪



おしまい。
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

3月19日(火)

こんにちは、某SNSにて吉永氏よりブログの指名を受けましたとみざわです。

今週は帰省中の人が多く参加者が少なかったのですが、
今日は熊大のゆーすけ君が来てくれたこともあり、賑やかだったのでよかったです。


だんちより鉄棒やパイプが蹴上がりがしやすいことがわかったので、
合宿後から積極的に嫌いだったパイプで蹴上がり練習をしてます!
だんちでできないのが、スイングで前に行ったときに手首が落ちて、蹴上がりすると手がバーから離れてしまうからです。
先週、手首が落ちないように肩を意識したら(かおる先輩が言われる肩甲骨をくっつけるやつだと思います)、離れずにできたので次のだんちの時にもうまく意識したいなぁと思います。
パイプでの蹴上がりは1/3の確率でできるようになったので、うまくタイミングをつかんでいきたいです。

この日の平均台は女子みんなが加齢による疲れのせいかうまくできていなかったです。
ターンの調子がよかったので、回ってる時の腕の動きを気を付けて練習しました。
めぐりはきれいなんですが、それ以外はきちんと回れても回転中の動きで汚く見えちゃうなぁと思います。
ジャンプの浮いてる時の腕も同様ですね。腕がパタパタ羽ばたいちゃうと台無しです。
その技への自信があると余裕がでてきて、その辺りの意識ができるようになると思います。
みんなで注意し合うのもよさそうなので、七大に向け、やっていこうと思います!
そろそろ技の構成や振り、こなしを考えねばなぁと思いました。

跳馬は踏切り後の脚の振り上げがへたくそなので何週間も意識してるのですがイマイチです…
逆蹴りも割と意識できるようになったのですが、前ほどひどくなくなったもののまだまだです。
スピードが足りないと言われたので助走スピードを上げたところ、いつもの厨二病みたいな着地ではなく、止まりやすくなったのは意外でした。
ただいつもより飛距離がでて怖かったです…
ロイターと跳馬の距離を変えるとどうなるのかが疑問です。
男子は人それぞれあるみたいですが、女子は全員40cmで、特に気にしたこともなかったので…
金曜に余裕があったら変えて跳んでみようかなと思います。

春休み暇すぎて、ロンドンオリンピックの録画見てました。
脚のばらつきの無さや姿勢の綺麗さなど、刺激を受けたので見てみることをオススメします!

ひさしぶりに書くと長くなってしまいました…
では次は「免許取ったにー☆」のカゲヤマンにおねがいします!
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

3月15(金)、18(月)

すいません、書き忘れてました。吉永です。

練習についてですが、

金曜日は毎度ながら、鈴木さんに来ていただき指導をうけました。
鈴木さんにロイターの位置を60から70に変えてもらって、ずっとこの距離で跳んでいるんですが、
下半身の振り上げと、蹴りが抜群によくなりました。この調子でやっていくと言われたので、慣れてきたら技も発展させていこうと思います。
ロイターの手前で勢いがとまったり、上手く蹴れないひとは、助走やロイターの距離を思い切ってかえてみては如何でしょうか?
最近、ツカハラ練習している方たちも日に日に良くなっている気がします。栞太は着地とれそうでした!

水曜日は、平行棒についてです。
自分の宙降りの補助の実験台になってくれた古屋がきれいにまわれていました。
自分は構成にいれたい棒下宙返り支持の練習を主にずっとしていました。
先輩にマンツーマンで教えてもらいながらたたみの感覚が少しずつわかってきました。
中々つかめないのが、肩をひらいておすタイミングですね。
開き意識してやっていこうと思います。
先輩が前に掲示板に挙げられていたページに参考になる解説と動画がありました。
練習中の方やこれから練習される方にも役に立つと思います。

参考サイト→http://gymtry.com/tech/pb_pinco.html

練習中の動画挙げられず、淡々とかいて申し訳ないです。
以上となります。
Posted by 九州大学体操部   0 comments   0 trackback

3月13日(水)

今回担当します木屋です。指名されていたのに書いてない日があり申し訳ないです。

さて、今日は合宿明け最初の練習でした。皆さん合宿疲れの中でも各自が課題を決めてやれていたのではないかと思います。

今日はフリー練習だったのですがどの器具にも満遍なく入っていた人やある種目に力を注いでいた人など様々でした。フリー練はローテ練と違い時間配分も決められ自分の目標に全力で取り組める点がとても良いと思います。反面本当に自分のやる気次第になるので集中して頑張りましょう。

僕は主に鞍馬と床をしました。鞍馬は縦旋を、床はハーフを特訓中なのですがなかなか上手く行かないですね…。先輩、同期、後輩、部員みんなに色々教わっているのですが同じ失敗ばかり繰り返しているような気がして不甲斐ないです。(入りの高さ、腰の位置、捻りが早すぎなど)

合宿中OBさんが仰っていた空中感覚,シメを体に覚え込ませないと上達はないので、皆さんもそこを意識してみればより良い練習が出来るのではないでしょうか。新技に果敢に挑むのはもちろん大切ですが基礎も大事にしましょう。


合宿の話ばかりになりますが、多くの部員が他大学から刺激を受けていました。もうすぐ新入生も入るし試合もそろそろなのでこの合宿を機に一層気を引き締めて行きましょう!


次回は新副将の翔太さん頼みます
Posted by 九州大学体操部   2 comments   0 trackback

3月1日(金)

どうもこうへいです。
花粉ですかね?目がかゆいです。
月曜に床でフロアの方に飛んだせいで、尻もちと一緒に手首を打って微妙な練習になってました。
水曜にはたぶん完治してると思います。

手首が痛いので今回支持系の鞍馬はパスでパイプを主にやりました。
次はもう少し丁寧に回そうと思います。
跳馬は鈴木さんに指導して頂いて、
突っ込みすぎて跳馬に押し負けるというのが改善されてきました。
突きまくれたらいつかクエルボやりたいですねー。難しそうですが。

つり輪は降りとクーゲルを考えてみました。
降りはあふりの方向が定まらず、安定はまだまだのようです。
クーゲルは最初の開きが課題。

鉄棒は逆車がまあ最初よりは見れるものになってるのではないでしょうか。
次は移行ですね。
合宿で絞られそうですこれは()

なんか九州インカレが佐賀体育館ということで、器具はあるみたいです。
早くピットに突っ込みたいものですが

次は木屋哲郎さんよろしくお願いします。